2011年12月10日

DARwIn OP international workshop in ROBOTIS KOREA

ROBOTIS社にて
DARwInまみれの私
DARwInまみれの私DARwInのワークショップに参加したメンバーDARwIn兄弟









DARwInの瞳DARwIn OP キャラ
弊社はROBOTIS社全製品、
DARwInの正規代理店です。  

Posted by dynamizer at 21:08Comments(0)TrackBack(0)

2010年11月16日

BIOLOID GPをテストする

韓国から帰り、ROBOTWORLD2010の記事を
ロボコンマガジンに書かせていただきました。
韓国製品が決して日本の物真似ばかりではない事を
書かせていただきました。
サムソンが無人監視所用の軍用ロボットを作り
実戦に配備していますし、サービスロボットは多彩でした。

今日はAPEC終わって横浜でロボットの会議がありました。
帰国後後追いでFEDEXでROBOTISの新製品のBIOLOID GPがやってきました。
BIOLOID GPはTINYWAVEと同様かなりな動きの良いロボットです。
制御系の考えはROBOTISはより教育ロボット系、
TINYWAVEのMOTIONCREATORは競技向けで、
コンセプトは真反対なのですが、互換性があるので
交換することが出来ます。

機会があれば、皆さんに動きをご覧いただきたいと思います。
組み立ての運用のノウハウなどもお知らせしたいと思いますが、
BIOLOID PREMIUM KITが運用できれば問題ないと思います。

週末私は多分土曜日はニソコンに参加(まだエントリーしてない)、
日曜日はBIOLOID展示中の
東京工業大学のMakeMeetingに参加します。
気軽にお声掛けください。
BIOLOID GPのトランクを開けたところ。BIOLOID GPの2階部分1階はパーツコンテナになっているとてもクールなBIOLOID GPのアルミコンテナ  
Posted by dynamizer at 20:41Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月21日

映画「ブラックリスター」試写会終了

昨日築地本願寺プディストホールで
映画「ブラックリスター」の舞台挨拶・完成試写会が無事終了しました。
多くの皆様の参加があり、ほぼ全員の役者さんが
壇上で挨拶をしまして、ロボット技術担当の
私やナグさんくぱぱ、くまま(さん)も壇上で挨拶させていただきました。
映画の内容ですが、2回ともエンドロール終了後
とても大きな拍手が起こりまして、観客の反応は上々でした。

USTREAMに公開直前の主演女優、
フリーター役の神無 カンナ役 瀬戸 歩 せと あゆみ(とても可愛い)
助演女優の消費者金融OL/R-IKUSA GP ファイター 如月 キサラギ
大平 志保 おおひら しほさん(とても美しい方です)
ゲームマスター蛇音色役の向山 智成むかいやま ともなり
さんの1時間のトーク番組の録画がUSTREAMにあり、
弊社のTINYWAVEが出演しています。是非ご覧下さい。


尚一般公開の上映スケジュールは以下になります。
是非ご覧下さい。
上映スケジュール
劇場 築地本願寺ブディストホール(日比谷線築地駅前)
料金  一般1000円/大高1000円/中小1000円

9月27日(月) 17:00〜 19:00〜
28日(火) 17:00〜 19:00〜
29日(水) 17:00〜 19:00〜
30日(木) 17:00〜 19:00〜
10月1日(金) 14:00〜 17:00〜 19:00〜
4日(月) 17:00〜 19:00〜
5日(火) 17:00〜 19:00〜
6日(水) 17:00〜 19:00〜
7日(木) 17:00〜 19:00〜
8日(金) 14:00〜 17:00〜 19:00〜
9日(土) 11:00〜 14:00〜 17:00〜 19:00〜
10日(日) 11:00〜 14:00〜 17:00〜 19:00〜
11日(月) 11:00〜 14:00〜 17:00〜 19:00〜

映画「BLACKLISTER」
映画「BLACKLISTER」 by (C)DYNAMIZER


  
Posted by dynamizer at 11:15Comments(5)TrackBack(0)

2010年07月12日

大韓民国ロボット大戦の動画

記事を書いているので、ブログには詳細には書いていないのですが、
大韓民国ロボット大戦に今年も参加して来ました。
動画は前日のコリョホテルでのナショナルチームの
ミーティングの様子です。誰がUPしたのだろう。
面白く編集されている。
  
Posted by dynamizer at 20:02Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月14日

TINYWAVE challenged soccer in the garden of my lawn.

TINYWAVE challenged soccer in the garden of my lawn.

  
Posted by dynamizer at 06:50Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月01日

第1回ROBOT Fishing rally 2010を開催します。

季節も良く、桜も満開です。
さて
2006年にDYNAMIZERとRETROによる、タイマンの
「ROBOT Fishing rally実験大会」を開催、
2008年には「ぶらり途中下車の旅」での釣り対決のシーンでは、
世界初の溺れるヒューマノイドロボットとして「RETRO」の
桟橋落下シーンがTV報道され、「RETROのやらせ説」などの
都市伝説を生み「TVはそこまでやらせるのか」など
ロボット関係者に衝撃を与えました。

市販機も含めた最近のロボットの性能向上や
参加者のレベルの向上、RETROの尊い犠牲による
耐水性能の向上により、いよいよ、
記念すべき「第1回ROBOT Fishing rally 2010」を
4月31日に開催する運びとなりました。

場所は、ROBO-ONEの聖地川崎のお隣の横浜です。
かつて、私や香取慎吾さんが遊んだり、キムタクもバスを釣っていたとの
うわさが流れ、大昔には龍がすんでいたといわれる、伝説の池、「二つ池」です。
ルールは、憎むべき、ブラックバス10点、ブルーギル5点の
外来魚の釣果により争われます。
雷魚や草魚は私が好きなので外来魚には含まれません。
ロボットはヒューマノイド型のみで自律のみ、
実験大会のような操縦は許されません。

単に釣果だけでなく、釣り人の哀愁をかもしだしたロボットには
冠スポンサーである釣具の常習屋から「ベストフィッシュボット大賞」が
贈られます。

優勝者には黄金のルアーをモチーフにしたトロフィー
第2回ROBOT Fishing rally新潟大会(糸魚川)への
参加資格、副賞としてりんたろう、1年分と
がまかつ針1号、1年分が与えられます。

BORO-ONE Fishing rally 2006実験大会の様子1 RETROが落ちて溺れた伝説の桟橋ROBOT Fishing rally 2006実験大会の様子2 何か大きなミスをしたリアクションのDYNAMIZERROBOT Fishing rally 2006実験大会の様子3 お祭りにはイエローカード1枚が与えられるイエローカード2枚でブルーギル一匹分の釣果が、3枚でブラックバスの釣果が失われる










ROBOT Fishing rally 2006実験大会の様子3 釣果があがらない焦燥感と哀愁を背中で表現したRETROが釣具の常習屋から「ベストフィッシュボット大賞」が贈られた。BORO-ONE Fishing rally 2006実験大会の様子5 実際にDYNAMIZERが釣り上げた憎むべき外来魚ブルーギル5ポイント獲得で優勝はDYNAMIZERROBOT Fishing rally 2006実験大会の様子6 詰め掛けた観客は数万名に及び、池をも埋め尽くす状況よく探すとDYNAMIZERが写ってるよ。





世界初溺れるロボットRETROの落下シーン竿を振り下ろすが勢い余ってバランスを崩し・・・・もうそこにはRETROはいない、池には波紋がむなしくひろがる








もうあと15分で4月2日になるので、ねたばらします。エイプリスフールでした。
結構前にスギウラブラザーズが作ったムービーを紹介して終わりにします。
これらの研究は継続されています。




なんか、結構前からニコ動画にも載ってる。結構嬉しい。
  
Posted by dynamizer at 15:30Comments(0)TrackBack(0)

芸術とロボット技術との融合

光が与える風景今は韓国に帰ってしまいましたが、
武蔵野美術大学の大学院にいた頃の
韓国の芸術家金εキムミンジョンさんの作品
「光が与える風景」です。

ある春の日、たくさんの光を浴びる校庭の
桜が、歩く私をとらえた。・・・・・・・
金属工芸分野の作品としては異色であるが、
さなぎから蝶々に生まれ変わる様を動き
と光で表現した叙情的な作品である。


ROBOLIFEの技術が使われています。  
Posted by dynamizer at 12:04Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月31日

ロボットの多様性

最近、倒立振子ロボットの教育ロボットが目立ちます。
同じ目的でも、国、地域、ツールが変わると
変わりますよね。ここがロボット教育には重要だと思っています。

伝助の松井さんにバトル以外のことの大切さを教わりました。
かなり低価格で、伝説のROBO-ONEぼやきロボット
伝助の松井さん
がかなり低価格で簡単なメソッドで
既に5年以上前に実現されています。

松井さんのロボットはROBO-ONEでも印象に残る
伝説のぼやきロボットで、私が最も尊敬する
ROBO-ONEファイター、そして開発者です。

弊社の研究、開発、教育用ロボット「ROBOLIFE」でも
定型化していませんが、学校で、様々な形態の
倒立ロボットを学生自らが開発し、評価を受けています。
以下はその実例です。倒立振子は
もう何年も前から
研究してます。問題は市販に繋がるかですね・・・
各国で各学校で開発の模擬コンペを試験しましたが
私の軍配では今回は、東京工業大学附属科学技術高校の
優勝だと思います。

これが松井さんの倒立振子です。恐らく超低価格で実現した初めての実験教材。


これは、ROBO-ONEでおなじみの私の親友でビジネスパートナージョン(全)さんの
生徒作品の倒立振子



これは私が老体に鞭を売って、完璧な静止をしているSMD倒立振子、教育プログラムの基本ロボット。


これは、私たち大人が完敗した、東京工業大学附属科学技術高校の卒論作品。脱帽。



  
Posted by dynamizer at 22:39Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月29日

ROBO-ONE Light前夜、北京に旅立った金色のTINYWAVE の 旅先

中国の北京でEducationロボットの展示会があると言う事で
北京の先生からTINYWAVEをASPSで送れ(もちろん新品です)と
言われていたのですが、展示会の日程と
ROBO-ONE Lightと同じタイミングのリクエストで、
スケジュールがバッティングしました。
DYNAMIZERもTINYWAVEも香港やデンマーク、
ブラジル、(アメリカ?未確認)、
TINYWAVEは既に色々な国でパフォーマンスを
行っています。ここまで
ミッションクリティカルな状況で
バッティングしたのは初めてです。

香港は昨年ROBO-ONE GPで行きました、
最初特区なのか中国なのかなと少し警戒していたけど、
自由経済ですね。とても良い国というか場所でした。

私の製品として、中国本土上陸は初めてです。
正確に言えば、作品としてのDYNAMIZEERは
西村さんのFREEDUMと一緒にYOKOSO-JAPANで
息子タクミと行きました、もう一昔前です。
今回本当は一緒に北京に行きたかったけど、
TINYWAVEだけ国際貨物で旅立ちました。
わたしはROBO-ONEがありましてもう無理でした。
送り出したのは韓国から子供たちがやってきた金曜日でした。

調整し、先生に送り出しまして、
なんとか間に合って北京で
実働のバトルなどの展示が出来たようで幸いです


北京でもLightと同じ頃。このTINYは大会前日出荷したもの。緊迫の立会い、尚センサーは中国には出荷不可能なのでジャイロセンサーは無搭載での販売です。有線で電源供給しながらの実演、よく頑張った。初中国TINY  
Posted by dynamizer at 20:57Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月25日

「映画ブラックリスター」ロボットシーンロケ開始とトレーラー公開

TINYWAVEも出演する 映画ブラックリスター公式サイト
  
Posted by dynamizer at 22:37Comments(0)TrackBack(0)