2008年04月04日

asahi.comのROBO-ONE記事にダイナマイザーが・・静止画でやられ役で登場

asahi.comにROBO-ONEの記事が載りましたね。
以前からROBO-ONEは
各ネットメディアで継続的に取上げられ
アナリストの立場で詳細に報道して
頂いているのですが、
このところROBO-ONEもNHKのニュースや
各局のTV、新聞にも以前のような
バラエティーとしてだけでなく
取上げられるようになったんですね。
運営・参加者・メーカーが努力し
ロボットが良く動くようになり、
充分一般の方々にも見ごたえのある
内容になってきた証拠なのでしょうか。
たしかに13回大会は一般のお客さんが多く嬉しかったです。
フアンの方にサインをお願いされたりもしました。
サインする機会も多くなりました。

今回asahi.comの動画の冒頭に
グレートキングカイザーとのベスト4進出を
かけた試合の時横パンチをくらい
足が浮いてまさしくダウン寸前の
ダイナマイザーが写ってましたので、
動画が楽しみだなぁとクリックしたら、
なんとイントロの静止画部分のみですた。
ハイビジョンでも静止画のみであった・・・・asahi.comの動画を飾っているかと期待したが、イントロ静止画のみ  

Posted by dynamizer at 19:46Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月21日

NHKニュースナイン生放送終了

ダイナマイザーがROBO-ONE直前なのですが、
出演させていただきました。
私も毎日見ているニュースナインで、
生出演でしたが、五時間前からNHKに集まり、
リハーサルを重ねながら、
本当に緊張しました。
タクミはクラス替え記念でネズミーランドに
行っていたのですが、残念ながら
ネズミーを早退してNHKにかけつけてもらいました。
ROBO-ONEの紹介ニュースは
イラク戦争5年目の後のレポートの後でした。
夢のある話なので土井さんのISSの後かなと思ったのですが、
シリアスなイラク情勢の後なのも意義があるのかもしれません。
今回の放送の主人公は菅さんなど、
宇宙大会に参加されている皆さんだったようです。
今でも菅さんの成功の感動は忘れられません。
ご家族もよく映っていましたね。
GPメンバーとして短時間でしたが、
現場でVにリレーできてよかった。
菅さん、長井の皆さんお疲れ様でした。
この時間帯、NHKでROBO-ONEを紹介されました。
ご興味がありましたら、
是非多くの皆さんが、後楽園ホールにいらしてくれれば嬉しいです。
ROBO-ONEは参加者はまぁ大変なのですが面白いです。
観戦するのは更に興味深い内容になっていっていると思います。
是非後楽園におこしください。
いっとろっけんと同じスタジオののようななつかしさがうむやはりそうだ、懐かしい感じがするダイナマイザー3兄さんが来たスタジオだったんだね。  
Posted by dynamizer at 02:10Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月20日

今日のNHKニュース9

ROBO-ONEの話題が取り上げられるかもしれません。注目しててください。
  
Posted by dynamizer at 15:51Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月19日

アーサー.C.クラーク氏が逝去

私が最も好きだった偉大なSF作家
アーサー.C.クラーク氏が
逝去されました。2001年宇宙の旅は
あまりにも有名ですが、
「私は幼年期の終わり」やショート作品で
2001年宇宙の旅の基本になった作品の
「前哨」が好きです。
モノリスはこの作品に出てきたんではなかったっけ。

日本で出版されている氏の著書は
中学生の頃から、沢山読ませて頂きました。
映画「2001年宇宙の旅]はテアトルトーキョーで見ました。
ありゃ。丸の内ピカデリーだったけ?

スリランカを襲った地震と津波の時も
安否が心配でしたがご無事でした。

しかしさすがにご高齢で、
本日天に(宇宙かな)召されたようです。

氏はスリランカに移住した老後も
ダイビングと執筆を続けられており、
2061年や誰かとの共著でマグネチュード8.8だっけ。
数字はうる覚えですが佐渡島の地震の話など、
読ませていただきました。
とても残念です。
すばらしい作家でした。
青春時期に夢を膨らませながら
布団に入り読んだ時代を思い返し、
心に穴が開いた感じです。  
Posted by dynamizer at 23:46Comments(0)TrackBack(0)

2008年02月26日

本日の讀賣新聞朝刊にフアミリーの記事が掲載されました

二月二十六日の讀賣新聞朝刊、
第三社会面での新連載「ロボット大好き」
に我々スギウラフアミリーの
ロボットに対する取り組みに関する記事が
掲載されました。全国版です。
是非機会がありましたら、ご覧下さい。

発売日当日は静岡方面に出張中でした。
うちはアサヒ読者なので朝刊を
新幹線のキオスクで買いました。
開くまでは少々不安でしたが
楽しみでもありました。
読んでみれば、我が家のこれまでの営みを簡潔に
纏めてくださいまして、我が家に取り
大変記念になる記事だと思います。

取材にあたり、讀賣新聞のスタッフの
取材姿勢はきめ細かく、
電話も含め何度も
取材をしていただきました。

又寸評を頂きましたRT様ありがとうございます。

明日から九州方面に行きます。
なんか今年は年頭から
出張がかなり多いです。

足マスタースレーブはレトロの発案なんだけど、ダイナマになってた。  
Posted by dynamizer at 09:17Comments(0)TrackBack(0)

2008年02月23日

ROBOT DREAMSのレムさんが取材に来ました

ROBOTDREAMSのレムさんが
ROBOT MAGAZINEの取材?に来ました。
メガダイナマイザーの取材とカンファレンスに
いけなかったので私の話を聞きたいという事でした。
四国の夢さん の次なのではてやロートル特集なんでしょうか?
なわけで、レムさんとビールで乾杯し、
神さんがつくってくれた、おでんやつまみを
つまみながら、
もっぱら夢さん屋台の繁盛振りを聞き
嬉しく思いました。
昼食を一緒した後、ロボットの話もそこそこに
私は突然見せたい物がある事に気がつき
強風の中、近くの古民家に歩いて散歩に行きました。
その時の恐怖体験をアップしますゴクリ・・・

レムさんが取材に来たんだが、何故か近くの古民家に案内丁度ひな祭りを飾っている頃なので散歩がてら案内したしだいだったところが目線をかえると・・・視点を変えたらゾクっと、なんとそこにはトコトコ丸がなじぇ?否実はうなだれた巨大お菊人形だったぁぁぁぁお願いだからうちまで歩いてこないでね、夢にもでないでぇ  
Posted by dynamizer at 19:03Comments(0)TrackBack(0)

2007年10月24日

明日、秋葉原のツクモカップバトル大会の様子が放送されるかもしれない。

確定では無いですが、
明日、夕方6時台によほど大きな事件が無い場合、
NHKの首都圏ネットで6午後6:10から、
秋葉原のツクモカップバトル大会の様子が
ちょこっと、放送されるかもしれないです。
今回は、裏方になりました、
主人公ではないと思いますが、

どんな放送になるか、かなり楽しみです。

  
Posted by dynamizer at 21:01Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月28日

日本機械学会第12回 神奈川フォーラム−ロボットによる豊かな社会の実現に向けて−講演終了

日本機械学会第12回 神奈川フォーラム
−ロボットによる豊かな社会の実現に向けて−

7月26日の講演が終りました。
場所は神奈川県産業技術センター(海老名)でした。

75名の枠でしたが、100名余りの聴講者がいらっしゃり
聞き苦しい内容ではありましたが、
お聞きくださり、ありがとうございました。

当日は、講演だけでなく、ダイナマイザーやダイナマイニャーの実働展示と
エスケイパンのゴジックファイブの実働展示を行い、好評を得ました。
3Dコンテンツの新しい提案をしています、
カフェデジタルの3Di
で作られたダイナマイザーの
コンテンツを始めて発表しました。

このような機会を頂き日本機械学会、神奈川フォーラムの幹事の皆様
ありがとうございました。私も機会学会は
歴だけは相当長いのですが、聞くほうが多かったのですが、
今回は会員としてやりがいがありました。
著名な先生方ともお会いできて、良い機会になりました。
今後とも宜しくお願いします。



産業技術研究所近くのバーミヤンで原稿最終調整。神奈川県産業技術研究所は思ったより立派な建物であった。市販パーソナルロボットはKHR-1マノイゴジックファイブを紹介

講演の挨拶はダイナマイザーに搭載したDO3の挨拶で始まった。ダイナマイザー、ゴジックファイブの実演を質疑応答時間に実施。フォーラムが終っても、展示を興味深く見る方々が絶えなかった。  
Posted by dynamizer at 21:10Comments(1)TrackBack(4)

2007年07月17日

日本機械学会 第12回 神奈川フォーラム−ロボットによる豊かな社会の実現に向けて−で講演します。

日本機械学会第12回 神奈川フォーラム
−ロボットによる豊かな社会の実現に向けて−

7月26日に講演させて頂きます。場所は神奈川県産業技術センター(海老名)です。

私が日本機械学会員になったのは、
右も左も判らぬ学生員の頃でした。
確か18歳か19くらいから会員になったので
会員歴も30年近くになりました。
思えば学生時代に機械設計業を始めましたので
会員歴=設計業歴です。
今回、地元神奈川で
ダイナマイザーや2足歩行ロボットの
話をさせて頂ける事になり大変光栄です。

今回の講演では
「パーソナルロボットとして広がりを見せる
 小型2足歩行ロボットから学び得るもの」
とさせて頂きました。

これまでROBO-ONEを通じ、ロボット開発や競技会参加により、
技術者として知りえた事。
又親として、家族と共にROBO-ONEに参加し、
実りになっている事なども話したいと思います。

著名な講演者の皆様の間に
入れていただき、光栄です。
当日は

挨拶 神奈川ブロック長  原村 嘉彦
話題提供(5件)とディスカッション(13:30〜16:45、講演 各30分、休憩10分)
1 「次世代ロボット産業創出と
    ソーシャル・イノベーション」 かわさき・神奈川
ロボットビジネス協議会
石黒 周 氏
2 「川崎におけるロボット産業振興への取り組み」 川崎市産業振興財団
櫻井 亨 氏
3 「介護者用パワーアシストスーツ」 神奈川工科大学 山本 圭治 氏
4 「パーソナルロボットとして広がりを見せる
 小型2足歩行ロボットから学び得るもの」 杉浦機械設計事務所
杉浦 富夫 氏
5 「人間共生ロボットの開発」 日立製作所  玉本 淳一 氏
総合討論(30分)

というスケジュールです。

既に相当数の申し込みがあるようです。
聴講される皆様。小さな町の設計事務所の
頑固オヤジの話ですが工学のみならず、教育なども含め
有意義なディスカッションが出来る事を楽しみにしています。
  
Posted by dynamizer at 21:39Comments(0)TrackBack(1)

2007年07月11日

旧ダイナマイザーをカフェデジタルのスタジオでReal3Di撮影

旧ダイナマイザーのReal3Di
による撮影を行いました。場所は秋葉のLinuxCafeの地下1階
カフェデジタルのスタジオです。

Real3Diとは
オブジェクト(物体)をターンテーブルなどに乗せ
全方位から撮影した画像を元に、
高品質な3次元コンテンツを製作するシステムで、
WEBを見ている人はあたかもそのオブジェクトを
手に取って見ているかのような感覚を得ることができるんです。
また、ちょっと気になる部分なんかを拡大して鑑賞することもできます。
もちろんReal3Diは人間も撮影しコンテンツを作成する事が可能です。

旧ダイナマイザーも色々な伝説を作ってきましたが、
還暦というわけではないのですが、
節目に3Dのプレゼントです。
撮影は無事終了しましたが、コンテンツの製作には
後処理などがありますので、が出来上がったら、
このHPでも公開予定です。
いや、今日出来たのでサイドバーでご覧いただけます。
この撮り方は水平方向のみですが、
勿論三次元的にも作成する事が出来ます。
興味がある方はカフェデジタルに問い合わせてみてください。
ズームなども可能でROBOTにはとても向いているコンテンツと思いました。

カフェデジタルのスタジオでReal3Diの撮影ちゅ1カフェデジタルのスタジオでReal3Diの撮影ちゅ2動きをコマ撮りすると、3次元CADみたいに回転が出来る  
Posted by dynamizer at 12:17Comments(0)TrackBack(0)