2011年12月12日

DARwInの整備(解体ショー)

DARwInn整備はヒューマノイドロボットを扱っていた方々には
それほど難しくないです。運用の上で一番多いトラブルは配線
次にギアのメンテでしょう。留意するべき点ですが、
DARwInには上位に小さなLinuxコンピュータが搭載されています。
小さなコンピュータはFitPCです。
FitPCはイスラエルのコンパクトなコンピュータで
ギガダイナマイザーにも搭載されています。
DARwInにはLinuxOSであるUbuntsu(ウブンツウ)が搭載されています。
スピンドルレスなのでめったに故障することは無いですが
そのぶんシステムはやや複雑です。システムはDARwInの胴体部に集約されています。
アクセスは容易ですがコネクターの取り外しなど、分解や整備は慎重に。
DARwInの整備1
DARwInの整備3
DARwInの整備2
DARwInの整備4


Posted by dynamizer at 10:48│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/51602525