2011年04月08日

環境調査、探査、偵察ロボット EMITR 「Container Crawler」

弊社が以前からこのような災害に備えて
自己資金で開発をして来ました、私のレスキューです。
環境調査、探査、偵察ロボットで屋外用です。

震災後屋外での実験動画を作成しU-TUBEにUPしました。


Development code name is "DYNAMIZER7".
The "Container Crawler" is an inquiry robot of the remote control type which I developed for the scout operation.The thing to install the camera and a lot of sensors can be done. The two way communication can in real time obtain environmental information in the remote place possible.
EMITRというのは私が勝手に命名した
短縮語ですので、ロボット学会用語ではないです。
FaceBookにも登録しました。このロボットは私のCODEWIZARDという
JSTなども採用していただいており、HHP3のテーブルトップ部門で優勝した
DYNAMIZER(TT)のシステムも同じものです。モータードライバーだけ大容量にしてます。
あとはそのままでプログラムを書いただけです。
シャーシーはホームセンターで売っている定番の部品箱ですとても簡単に作れます。
カメラやカメラの上下のモーター、発話システムが搭載されています。
特徴はシリアル双方向通信なので、8chのセンサー情報をリアルタイムで受信できることです。
通信距離は仕様では見通し1kmですが、やったことありません。
今回の実験では200m程度まででは大丈夫でした。それ以上離れると、ロボットが見えません。
道交違反になるとまずいので、遠隔距離テストは駐車場です。操縦している場所は公道です。
DSC00061
DSC00060
DSC00059
DSC00064
DSC00063
DSC00062


Posted by dynamizer at 11:50│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/51546649