2011年04月02日

宇宙から地球を憂いる事態

宇宙から地球を憂いる事態、現在はこのようなSFのような時なんです。

皆さん、今の事態を直面して下さい。

SF小説をあまり読んでいない方は
是非、小松左京の日本沈没、
石黒耀(漢字間違ってるかも)の
死都日本、震災列島(地震描写以外の背景の評価は私としては厳しいけど)を読んでください。
震災列島の津波の描写や中部電力や自治体の
浜岡原発の対応、死都日本の政府の対応とか、必ずヒントがある。
私は石黒耀はある意味わらわれが見舞われている現代の預言者だと思う。
地震と津波そのもはアーサーCクラークのマグネチュード10も読んでみて。
凄い作品です。彼らは預言者です。

私は5年か6年前、JAXAが宇宙開発事業団という名前から今の名前に変わる節目の年にこのような研究に参加しました。
この球体は東京藝術大学の米林先生、北郷先生の監修で私が科学技術的に計算して作成した、ISSの軌道を芸術作品にしたモデルです。螺旋は軌道、球体に投射された3角形はISSの視野をしめしています。

Posted by dynamizer at 22:16│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/51544828