2011年03月16日

私が親として懸念していること

現場で頑張って自体の収拾に
あたってくださっている
皆様本当にお疲れ様です。
今日本の存亡はあなたがたの仕事にかかっています。

私が懸念していること
親が心配しているのに、
公立学校が普通に授業している事。
子供は人質ですか。
多くの大企業、私立が休校になっています。
なぜ判断が違うのですか?

私の娘は私の判断で震災から帰ってから
学校は私の判断で行かせていませんでしたが、
今日は近場の1名は通学させました。
クラスで1名だけ休みだったそうです。
全て個人的見解です。

ここも被災地です、ガソリンは無いし
インスタント食品もあまり買えません。
でも食べ物は作れるし、この状況は我慢できます。

原発の問題開始から
下請け零細設計事務所として約25年強の設計経験から得た
様々な失敗などの知見からレポートを各党首や主要行政機関に
出しています。今日も出しました。
私は専門誌に記事なども書いているのでプロのエディターでもあるけど
さすがに校正は無理、書き下ろしで一方的に各所に送っています。

被災し救出作戦で戻ってきた次男と三男と勝手に
非常対策本部を立ち上げています。
娘2名も頑張ってアイディアを出してくれたり
連絡係になってくれています。

政府、官僚、教育現場、文系が多いなぁ。
自然災害系の本も全く読んでいないと思います。

今国家を管理する皆さんは、
何が地学的に、物理的に起こっているという
「イメージ」が出来ていない。
彼らの政党が好きな言葉、ガバナンスが実は彼ら自身が
出来ていなかった。
日本人は今結局自ら日本に作ってしまった
「ゴジラ」
といままさに闘っている。

多今そのゴジラシステムを作ってしまったり
採用を導いてくださった当事者は自分が
万死に値する選択をしたというイメージがぼんやりとしか
理解できなかもしれない。

麻生さんの自民党のままではどう対処したか
自民党は今すぐシュミュレーションし公表したほうが良い。
多分結果はまだましだったかなくらいだとかも知れないけど
やるだけやってほしい。
自民党が影の政府とかやられてちくちくと
たたかれていたことを思い出して。
麻生政権の自民党だったらこうなったという
結果を見せてください。

民主党は今の事態を終息するようにして下さい。

私が思うには、現状は政党に頼るべきでは無いレベルです。
一連の災害対応で、閣僚内でも出来る人と出来ないとが判った
恐らく現場は自分自身で判断して配慮、苦慮しています。

幸いに原発が落ち着いてくださいましたら、

政党やイデオロギーの壁を越え
出来る人間だけで大胆に
組閣を変えたほうがいい。個人的な見解です。
石場さん、多母神閣下にも政府に入って欲しい。

自民党でも政党でも今は過去は問題ではない。
被爆国が原子力発電を選んでしまった
国家や国民の最強のミステイクです。

関係各社も国民も、土下座するのは結構ですが、
世界中に不安を与えてしまった事に謝罪しましょう。

保安員は監督、監査責任があるので
もうこれいじょうおうへいにならないで。

唯一の被爆国、そして地質的に
不安定で狭い国家に原発を建造してはいけなかった。

私の家は家族が多いので震災後当日、
かなり早い段階で家族で
緊急対策本部を作り家族と話し合っています。
情報収集に関しては24時間体制です。
ちくちくと自民党に嫌味を言いながら
国民の期待を持ち政権を取った、
民主党のリーダーシップに期待したいです。
議員一年生とかの言い訳はあり得ません。
議員になったのですから、人を動かせないような
若い議員は是非現場に行動で支援してださい。
私は5人の子供をどうするか自分で考えています。
行政の動きを注視分析しています。


Posted by dynamizer at 23:52│Comments(0)TrackBack(0)自然災害 | 原子力

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/51539003