2011年03月15日

友達作戦と三男救出作戦

大規模な友達作戦を展開して下さっている
アメリカ軍とアメリカ国民の皆様本当にありがとう。
逸早く救出に参加してくれた韓国ありがとう。

そして命をかけて災害救助いただいている
自治体、自衛隊、消防、海上保安、ボランティアの皆さん
心からご安全をお祈りします。

私達家族が見舞われた揺れは、震度5強〜6強までであり、
震度7と巨大津波に見舞われた東北各地の被災状況とは比べようが無いです。

それでも私達家族も三男救出の為
震災後「タクミ救出作戦」を発動した。
私の三男タクミは筑波大学で被災した震度6強、体育館の帰宅難民になった。
彼らは停電でこちら側が見ている津波や被害の状況を全くわかっていなかった。
父としては彼が情報を持っていないのが最も怖かった。

三男とは電話連絡はほぼ不可能であった。
メールはなんとか繋がる状況。
私の家でも受験期間中で暇な三男を自宅に帰還させる為の
子供帰還作戦が行われた。
三男は無事にバスと電車を乗り継ぎ帰還。
作戦は娘を交えた家族全員、
指揮命令系統の責任者は私である。

作戦開始からほぼ24時間で作戦終了。

情報があまりにも少ない
被災者の不安が痛み入る。

Posted by dynamizer at 03:22│Comments(2)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
まず、皆さんご無事で何よりです。
こちらもお陰様で幸運もあり、帰宅難民にどうにかならずに済みました。

情報網、通信の脆弱さが露呈した形ですが、
一方でインターネットがかなりの部分をカバーしていることが
一つの救いです。
災害救難のロボット研究をいくつも見てきましたが、
報道されずとも、実際に使われて、なにがしかの成果があることを
祈っています。

停電や余震もありますから、これからもどうぞご無事で。
Posted by まるおか at 2011年03月15日 07:01
まるおかさん、
下宿で子供を出すなんて
やらないほうがいいと
やや反省してます。
顔をみるまでは
不安で仕方が無かった。
Posted by とみい軍曹 at 2011年03月16日 16:53