2011年03月15日

震災時の状況

私の家族は子供が5人と母がいる。
息子二人と出歩き好きな母が帰宅難民になった。

震災時は長女と私と私の社員3名が自宅と別棟の弊社で遭遇した。
私は執務室、社員は別棟、娘は社員にお茶だしだったか、
その時契約しているウエザーニュースのアラームがPCから鳴った後
TVでも緊急地震速報が。

私は別棟に向かって屋外に逃げろと叫んだ。

3名で120度等配になり前庭で自宅2棟を含む周辺の建物の
どれが崩れても逃げられるように観察した。

在来工法の家は柔らかい、ぐにゃぐにゃと揺れた、
あそこまで柔らかいとは。最も怖かったのは地面のゆがみ
私はうねる地面の波が見えた。
海のほうに見えるランドマークタワーもゆっくりと揺れていた。

地震がある程度収まった後、この地域のブロック長なので
消火器を持ち社員と担当エリアを回り被災していないか
大きな声をかけながら見回った。

Posted by dynamizer at 03:03│Comments(0)TrackBack(0)自然災害 | 原子力

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/51538406