2009年08月21日

ROBO-ONE GP GT 郡山

福島は第二の故郷だと思うぐらい
旅行しています。(今は第二の故郷はソウルかもしれない)

郡山は多分今まで一回も下車したことが無いと思います。
観光で訪ねるときは桧原湖やそはら湖の山通り、あと鍾乳洞マニアなので、
入水洞や阿武隈方面が多い、
あとハワイですね。
予想を超える、都会だった。
ホテルハマツは本当に素晴らしいおもてなしのホテルだった。
スタッフの笑顔が良い、気遣いも良い、抜群のホテルです。
素晴らしいホテルですが、リーズナブルです。
仕事や観光で郡山に行く場合お勧めのホテルです。
ホテルで気に入るというのは恋愛みたいなもので、
偶然ですね。私は長崎県の大島アイランドホテルもお気に入りです。話はやや脱線しました。
サンライズロボットバトル。面白かったです。
おっさんのコスプレはギャグを超えています。
次回あれば、私はガンタンクで出撃します。

今回特にTINYWAVEによる体験操縦を頑張りました。
又最終日には、希望者の中で
じゃんけんをしてもらい、会場のファミリーに2組から
実際にROBO-ONE GATE大会に参加して頂くと言う試みをしました。
当然選手TAGをつけて、選手控え室から舞台に登場して頂きます。
選手控え室で女の子にはDYNAMIZERを見てもらいました。
リングコールやROBO-ONE GIRLのエスコートもありました。
男の子は1回戦で負けてしまいましたが、女の子のチームは
赤いTINYWAVEを操り、1回戦突破しました。
3位決定戦でのくままさんのガルーも空気読みながら前半戦は戦ってくれたのですが、後半持ち前のファイティングスピリットが理性を超えたようで、
バックドロップや大外狩りをくらいまして、
結局投げ飛ばされてしまいました。
重量差2倍以上ですからね。
女の子、やんちゃな弟、お母さん、ちょっと照れ屋のお父さんも
貴重な体験をしたと言ってくれて嬉しかったです。
最初はプリキュアショー目当てなのかなと思ったのですが、
ROBO-ONEを見に来てくれたようです。
ありがとう兄弟でDYNAMIZERを忘れないでね。

肝心のGPではDYNAMIZER はマッドナグボスの率いるモン☆のBOSO軍団に勝てませんでした。
GANDAM TYPE GATにビームサーベルを託されたのに。地球の平和を守れませんでした。
私生まれも育ちも横浜です。確かにBOSOの本拠地である千葉県の
鴨川シーワールドは大好きです。親戚も住んでいます。
今回のモン☆は動きが違いました。夕妃の操縦テクも向上しており
ロートル老眼パイロットのダイナマイザー父さんは反応できませんでした。
郡山のお客さんの応援も多かっただけに本当に悔しいです。
お返しといってはなんですが、3位決定戦で夕妃を悪の組織BOSOに引き入れた、
マッドナグ操縦のブラックペントはボコボコにしてやりました。
今度は焼きペントにするぞ、ゴラァ!!
夕妃は本当は優しい子だと信じています。

というわけで、エンターティンメントとしては本当に良く出来たと思います。
初日は地元TV局も来ました。最終日も来て欲しかった。
会場のお客さんが選手になるというのが一番わくわくしました。



会場は郡山の名門ホテルハマツ豪華な結婚式場を使用ROBO-ONE史上最強の豪華選手控え室ちょっとピンボケだけどGAT(GANDAM)は大活躍だったTINYWAVEの体験操縦を毎休憩にて行う

子供達は操縦を直ぐに覚えてしまう。戦いもさまになる初日の記念写真だと思う大型機が目立つ沢山の子供達に操縦してもらったTINYWAVEあやかちゃんいくみちゃんがDYNAMIZERと一緒に、なんという感激

えりかちゃんも大サービスDYNAMIZERも父さんも感涙ハマツの酒ソムリエ選定の特選のお酒のティスティングを井上さんが二人は同い年、日本酒大好きコンビなのであるこのお酒は本当においしかった。感謝しますハマツ・ソムリエさま

2日目はTINYWAVEによる新たな試みを行う会場のお子さんでじゃんけんをし勝ち残った2組にGATEに出てもらう一回戦は勝ち上がった。準決勝に向け操縦練習するコントローラ全てのボタンに指が届かないが操縦に慣れてきた

1回戦目は怖いと言ってたが準決勝は落ち着いて操縦できたかな?操縦にも気合が入る。がんばれTINYWAVE準決勝は惜しくも敗れるが良い試合だった三位決定戦が待ってる野獣のごとく迫るガルー、逃げるTINYWAVE

問答無用でガルーの大外狩り炸裂ふっとぶTINYWAVE3位決定戦は負けてしまい、4位になったTINYWAVEMCえりかさんのインタビュー、暖かい拍手・暖かい気持ちに時間の許す限り体験操縦を行う。今回のMVPのTINYWAVE

サンライズ年鑑にダイナマイザーとメタちゃんが載ってるんだぞ会場のお客さんはなかなか帰らなかった。色々と質問もされたたぶん、初めて下車した郡山駅ともお別れなぐさんと利き酒をたしなむ(無理やり誘う)
この旅も美味しいお酒で締めくくる、さよなら郡山の皆さん

Posted by dynamizer at 19:58│Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/51259473