2009年08月09日

韓国の仁川(インチョンIncheon)「世界都市祝展」の印象

大韓民国ロボット対戦が行われているのは、
韓国の仁川(インチョンIncheon)市です。
仁川は過去に何度か訪れた事がありますが、
日本で言えば、お台場か、MM21か、幕張かという感じです。
歴史的に言えば、横浜は古くから
文明開化や国際化が早かった点
東京とためはっているので、
どちらかといえば、幕張ですかね。
訪れるたびに開発が進んでいます。

祝展会場周辺は広大な敷地で、
内容は日本で言う、万国博覧会そのものです。
日本に関する展示は私は韓国の若者が
かっこよく日本語の祭りっぽい曲で踊ってくれた
ダンスショー以外は見当たらなかった。

関係者なので、裏側から入ることもあり、
最初は工事中の印象がありましたが、
毎晩工事が進捗し、会場に行くたびに
整備が進んでいる事に驚愕しました。
まさに、会期中に成長する博覧会です。
どこぞの開港150年のブルーインパルス以外
ショボイ記念祭と超超超超カンジが違います。
父に連れられていった日本のEXPO1970が懐かしいです。orz
このままの指先使わない教育を続けたり
子供を作れない環境が続くと
日本はどんどんアジア、否世界から
取り残されていくんだろうな。
台湾でも中国でも香港でも感じたんだけど、
やばいぞ日本
私の住んでいる市の上級職員はボランティアの
やりくりを考えてるなら、ここに視察に来るべき。
持つべきはモチベーションやハートだろう。
学生や、退役軍人、若い人が沢山ボランティアしてる。

れんだこがきれいにそよいでいた今日はジュニア大会。ジュニア大会は猛烈なエントリー噴水はマルチメディアだった(夜が凄かった)韓国は子供が多い。日本には無い楽しい遊具も沢山ある

子供たちの思いっきりのダンスがセンスも笑顔も良く本当に可愛かったシニアのダンスは日本のダンスだった。良い関係でホッとした。3時にはパリのカフェスタイルでワインとチーズと4重奏を楽しむ私が尊敬する韓国の偉大な指揮者チョンミュンフン氏のコンサートを見れた。タクミが手紙を書いて返事をもらったことがある。チャングの有名なユニットと韓国の古来の曲風のクラッシックとの融合の作品は本当に素晴らしかった。クライマックスはファイヤーワークスとも融合残念デジカメの電池切れ。

Posted by dynamizer at 02:00│Comments(0)TrackBack(0)出張ついでの旅 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/51248649