2009年06月09日

FOOMA JAPAN フジTVニューススピーク 報道内容が公開されました。

FOOMA JAPANにダイナマイザーが出演しています。
ダイナマイザーがプチ密着取材を受けたフジTVニューススピーク
無事放送されました。今日は夕方からフジTVに移動し、
スーパーニュースにも生出演させて頂きました。スーパーニュースは
2005年の10月に一度取材で、明日一緒に
FOOMAJAPANに出演予定のスミイファミリーと一緒に
親子ではまる、手作りロボットの特集で取材されました。
丁度飛騨高山大会の後でした。

ダイナマイザーの生出演はとても緊張しますが、
初めて伺いました、スーパーニュースのスタジオでは
なんとかスタジオでフードスライサーを使用し
キュウリの輪切りの演技が出来ました。
安藤キャスターはTVでもいつも素敵だと思っていました。
スタジオでは本番も近いし、少し離れてはいたのですが、
とても目力があり凛としていました。
おまけに、ダイナマイザーを可愛い私もほしいと言ってくれました。
木村キャスターはNHKにいた頃からずっと尊敬していましたが、
後ろ風というか、とても威厳があり立派な方でした。
須田さん、笑顔でわざわざ目の前まで来てくれて、
挨拶してくれ、ダイナマイザーの命名の意味とか、
動作に凄いねという感想を頂きました。本番に入る
僅かの間です。それでも他から来た
慣れない人間をリラックスさせる力があります。
長野さん、とても優しく、秒単位で私と阿吽の呼吸でした。
輪切りにしたキュウリを長野さんがカメラにつまんでみせて、
最後にダイナマイザーが「疲れました」としゃべったのですが、
それで尺一杯でした。タイミングが合いました。
どきどきの数十秒間を味わいました。

裏方の方々の名前は書けません。皆さん素晴らしいです。
裏話をすると
モーション作成が、サポート人員を必要とする程度までの仕上がりで、
初日のデモはROBO-ONEのライバル、なぐさんにしてもらっていました。
プログラムを修正する事は出来たのですが、
とりあえず、キュウリはスパスパと切れるし。
まあ、初日といてはいいかなと、楽観してました。
生出演のオファーは大ピンチでした。
とにかくフジTVで阿吽の呼吸を作る事に専念しました。
操縦は報道のとても可愛い方に操作して頂いていました。
コントローラ操作のQ出しもその女性の方でという感じで、
私はキュウリを持たせる役でしたので、相当緊張感がありました。
彼女も相当緊張してたと思いますが、さすが、クールです。完璧でした。
きゅうりをぶちまけるなどの、放送事故をおこさないで良かったです。
なにより、私達家族、そしてダイナマイザーに焦点を当ててくださいました、
某ディレクター様ありがとうございました。
寝ておられないようで、とても忙しい状態にも関わらず、
見送りまでしていただいたのはダイナマイザーともども、
とても嬉しかったです。
以下ニューススピークのリンクです。
ニューススピークも6年ほど前、DYNAMIZER1による
ROBO-ONE SPECHIALで密着取材を受けた事があります。
今思い返してもフジTVの報道には私達はとてもご縁があるんですね。

食に関する機械の展示会が東京ビッグサイトで始まり、調理ロボットが注目されています。


Posted by dynamizer at 21:13│Comments(0)TrackBack(0) お手伝いロボット | ROBOT-NEWS

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/51220298