2008年12月16日

ロボットビルダー向け3次元部品製造(設計支援)サービスを始めます。

皆さまこんばんは。

ダイナマイザーの開発者、杉浦富夫です。

私は6年前からROBO-ONEに参戦し、これまで
何体もの二足歩行ロボットを樹脂のみの構造で3次元加工を使い
生産してきました。有限要素法などを使い、
樹脂素材を使った最適な構造を研究してきました。

ROBO-ONEに参加するロボットは、以前は板金を主体としているロボットが
多かったのですが、最近はより高機能材料などを用いた、
部品製作のニーズが高まっており、
様々な方から製造や設計の相談を受ける事も多くなりました。

そこで、これまで蓄積した技術を生かし、
3次元加工サービスを弊社で行う事にしました。
弊社の得意な分野は、既存サービスで多くなってまいりました、
アルミの板金用の加工のみならず、
樹脂を使用した三次元加工をまで行いたいと考えております。

同時に材料の提案や強度計算などもサービス可能です。
ご要望があれば部品の強度計算の結果の実際の応力コンター図
なども提供することが可能です。
さらに、より高度な部品間の練成解析などはオプションでお引き受けします。
見積りは無料です。IGESでのメールがありがたいですが、
SOLIDWARKS他様々なCADフォーマットに対応出来ますので、
お気軽にご相談ください。二足歩行ロボットのみならず
産業機械全般への対応が可能です。
材質により保障できる精度なども変わりますが、
皆様まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

どうぞ宜しくお願いします。

三次元加工サービス開始します今開発中のギガダイナマイザーの部品です、転位歯車の設計例1転位歯車の設計例2






転位歯車の設計例3
外部シンクロギアの例

Posted by dynamizer at 20:02│Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | ROBOT-NEWS

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/51147377