2008年10月14日

第14回ROBO-ONE感想

色々と話題になっていますが、今回身長1m、15kg越えの
事実上VISTONワークス前田さんのオムニ7と
F1プロジェクトのアルクノン?に敬意を表します。

製作、運用など大きいがゆえにさぞやご苦労されたと思います。

ROBO-ONEは競技会であるがゆえに規定や規則があり、

規定や規則以外にも倫理面や安全面には
より気を使わなければなりませんが、
その規則の範囲内でより人に近いフォルムでスマートに動作し、
ロバスト性の高いヒューマノイドを設計製作され
作り上げた後、ROBO-ONEという過酷な大会(格闘)に参加され、
多くの観客の方々に披露された事は、
今後ROBO-ONEのみならず、ロボット研究者や製作者、
社会に様々に影響を与えるのではないでしょうか。

前田さん対F1プロジェクトの戦いでは、
チームオーダーを出さず、本気で戦っていましたね。
両者に誉を感じました。

超大型機の試合は想像以上に迫力がありました。

今回のROBO-ONEで終わりにするのは、
せっかく作られたロボットもかわいそうですので、
今後もROBO-ONE以外のイベントなどでも
各地で何度でも格闘を披露して頂きたいものです。

私は今後もROBO-ONE GPやお手伝いに参加していきたいので、
子供が近い距離にいても安全なような、なるべく軽量で
今のメガよりもやや大き目のロボットを開発しようと考えています。
個人的には岩城さんやGAT、デカトコトコ、新アリモプレナなどの
ロボットがよかったなぁ。

今回次回のダイナマイザーの構造やコンセプトを練る大会でもあったのですが、
私は多分今後もROBO-ONEにガチで勝ちに行く
レギュレーションにギリギリや隙間をついたような
ロボットは作れないんだなと思いました。


Posted by dynamizer at 15:21│Comments(0)TrackBack(0) ROBO-ONE | 教育ロボット

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/51102045