2008年03月21日

我が家が電通大ロボメカ工房のヒューマノイド部隊の合宿所と化す

おとといくらいから、
裕太が三年間お世話になった、
電通大のロボメカ工房の学生が
常時8人くらい、
我が家の別棟に泊り込みで合宿し、
ROBO-ONE前の調整をしている。
東京海洋大学に今年入学する
マノイのアドバイザーでもある三男の真武が
合流し、プログラムやら配線やら
アドバイスしているというか、
そのままメンバーの中核のようになり
頑張っている。
学内にとどまらない活動こそ、
学びの姿かもしれないと思った。
この調子で海外や宇宙でも頑張って欲しい。



散乱するロボットの部品散乱するごみうなだれる1年生2ちゃんのポーズのようだ死んだように眠る電通大生(電通ダイナマではない)

準備不足で疲れたようすの裕太ニュースナインから帰宅後合宿所にダイナマイザー乱入詰めの甘さを指摘する東京海洋大学にいく真武(マナブ)が電通大チームの助っ人

Posted by dynamizer at 14:40│Comments(0)TrackBack(0) ROBO-ONE | 教育ロボット

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/51017084