2007年12月31日

マノイATカーボンフレームが発売されました(組立て編)その2

今年もいよいよ終わりですね。
マノイATカーボンフレームですが
組立ては簡単です。

ワンポイントアドバイス。

.椒妊マウント取り付け用のビスは
皿にしてプレートの内側から通した
M2で固定したほうが強くなります。
ねじ穴が甘くなったら
試してください。

△修譴ら、このパーツを付けると
標準サーボでも負荷が下がりますが、
かっちりしているぶん、ギアには
衝撃がかかるようになるので、
壊れたりガタが大きくなってきた
タイミングで樹脂ギアを
4014や4013用の金属に変えると
サーボの負荷も下がり効率が上がるので、
パワーが出ます。

M祥気あれば4013や4014を
丸ごと奢るのも手です。
ヒューマノイド脚の
膝関節はダイナマイザーでもなんでも、
他の関節よりも負荷が高いので、
絶大な効果があります。

ち瓦討離機璽椶4013や4014にすると、
RCB-3でシリアルでの制御が出来るので
音が静かになります。
勿論PWMとシリアルは混在出来ますので
DO3も使えます。

組立ては簡単です。サーボの負荷は下がるが、この機会に4000番を奢ると良いボディマウントも取り付けられます。もちろんボディカバーも標準が取り付けられます。

Posted by dynamizer at 18:25│Comments(0)TrackBack(0)マノイAT | ROBO-ONE

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/50983785