2007年12月28日

マノイATカーボンフレームが発売されました(短足の謎)その1

京商からマノイATカーボンフレームが
スギウラファミリープロデュースで
発売されました。
テストではノーマルサーボでも
歩行のタイムが短縮出来ています。

短足というフレーズがいささか先行してしまった感が
ありますが、極端に短くなったわけではなく、
ほんの数ミリの微妙に短くなっているので、
ノーマルのカウル(カバーかな?)も
そのまま付けられるようになっています。

サーボの負荷は数ミリの短足化でも低減されているので、
今までより調整は少しは楽になると思います。
更に剛性が高くなっているので
膝が逃げるような感じは少なくなっています。

そのぶん、ギアには負荷がかかるので、
ギアを金属に交換したり、
出来れば4013や4014のようなサーボモーターを
膝周りに奢ってあげると、サーボの能力と
ハーモニーが生まれるので、歩行能力が
向上すると思います。

HRP016カーボンフレームセットパッケージ開封後メインのパーツは童夢カーボンマジック製である。ノーマルのマノイATの膝の強度を高めるオプションパーツです。写真は交換前のマノイAT

Posted by dynamizer at 18:21│Comments(0)TrackBack(0)マノイAT | ROBO-ONE

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/50982539