2007年11月18日

岩手の北部山中の旅その1

岩手北部に10日余りほど出張に行きました。
高原は紅葉も過ぎ、冬の気配が感じられます。
大変寒い毎日でしたが、規則正しい毎日、
空気も水も食事も美味しく、自然も美しく
体重が増えました。ここに出張に来ると、
天台の湯という宿に泊まり、毎日
私の岩手の恋人「ミナおばあちゃん」こと
小山田さんの手作り豆腐を美味しく戴きます。
豆腐好きで有名なの私の人生史上で
これまで出会った最強のお豆腐で、本当に美味しいです。
豆は、お豆腐を作るお店の道路を挟んだ
畑で作られており、使用されている水は
岩しょう坊という名水が溢れる場所から出る
天然水で、正真正銘の純粋な国産、
全部自給ですので、あまりにも製造プロセスが判りやすいので、
子供たちの体験なども行われているようです。
しかも毎日限定24丁しか作られない幻のお豆腐です。
この方面に旅される方でお豆腐が好きな方は、
是非たずねてみてください。
遠方のフアンも多く、
限定製造なので売り切れの場合が多いので、
予約を入れると良いと思います。
天台の湯の部屋から東を望む牛達がこちらをにらんでいるこの時期は牛が大量に脱走する事もあるそうな白樺野放牧場方面

八幡平方面を望む雨上がり高原にかかる虹虹が綺麗だ手作り豆腐を毎日24丁だけ作るミナおばあちゃん


ここでお話を聞きながら豆腐を戴くことも出来る美味しいお豆腐、一丁150円岩しょう坊から湧き出る名水、豆腐もこの清水で作られる。岩しょう坊から、美味しい名水が湧き出る

日の出を毎日拝む生活は健康的だ。ミナおばあちゃんが一番搾りの豆乳を毎朝現場に持たせてくれた牧草地から雪を頂く岩手山を望む天台の湯にミナおばあちゃんの豆腐を湯豆腐にしてもらう。



Posted by dynamizer at 09:56│Comments(0)TrackBack(0) 出張ついでの旅 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/50965568