2007年07月17日

日本機械学会 第12回 神奈川フォーラム−ロボットによる豊かな社会の実現に向けて−で講演します。

日本機械学会第12回 神奈川フォーラム
−ロボットによる豊かな社会の実現に向けて−

7月26日に講演させて頂きます。場所は神奈川県産業技術センター(海老名)です。

私が日本機械学会員になったのは、
右も左も判らぬ学生員の頃でした。
確か18歳か19くらいから会員になったので
会員歴も30年近くになりました。
思えば学生時代に機械設計業を始めましたので
会員歴=設計業歴です。
今回、地元神奈川で
ダイナマイザーや2足歩行ロボットの
話をさせて頂ける事になり大変光栄です。

今回の講演では
「パーソナルロボットとして広がりを見せる
 小型2足歩行ロボットから学び得るもの」
とさせて頂きました。

これまでROBO-ONEを通じ、ロボット開発や競技会参加により、
技術者として知りえた事。
又親として、家族と共にROBO-ONEに参加し、
実りになっている事なども話したいと思います。

著名な講演者の皆様の間に
入れていただき、光栄です。
当日は

挨拶 神奈川ブロック長  原村 嘉彦
話題提供(5件)とディスカッション(13:30〜16:45、講演 各30分、休憩10分)
1 「次世代ロボット産業創出と
    ソーシャル・イノベーション」 かわさき・神奈川
ロボットビジネス協議会
石黒 周 氏
2 「川崎におけるロボット産業振興への取り組み」 川崎市産業振興財団
櫻井 亨 氏
3 「介護者用パワーアシストスーツ」 神奈川工科大学 山本 圭治 氏
4 「パーソナルロボットとして広がりを見せる
 小型2足歩行ロボットから学び得るもの」 杉浦機械設計事務所
杉浦 富夫 氏
5 「人間共生ロボットの開発」 日立製作所  玉本 淳一 氏
総合討論(30分)

というスケジュールです。

既に相当数の申し込みがあるようです。
聴講される皆様。小さな町の設計事務所の
頑固オヤジの話ですが工学のみならず、教育なども含め
有意義なディスカッションが出来る事を楽しみにしています。


Posted by dynamizer at 21:39│Comments(0)TrackBack(1)教育ロボット | media

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/50904876
この記事へのトラックバック
日本機械学会が「機械遺産」を発表聞いたことがあるのは5,6,13,14くらいであとは初見のモノばかりです。なかにはどんなモノなのか想像もつかないモノもあったり・・・(・・;). 日本機械学会のホームページを見たところ、以下のページから紹介ページに行けるようです。 ...(続...
日本機械学会【エバパチンコ】at 2007年08月08日 17:33