2007年03月31日

ブラザースが頂いたJR賞のRB300をシスターズが横取りしちゃいました。

ブラザースが頂いたJR賞のRB300をシスターズが横取りし、
更にそのネタをファミリーが横取りして
レポートをしちゃいます。

ROBO-ONEも終わり、頂いた賞で遊んでみたい
娘たちでしたが、とうとう我慢できず、
今朝から、組み立てを始めました。

ダイナマイニャーやSKPANGのゴジックファイブ、
松井さんの伝助、倒立振子ロボットとも
共通項の、教育用として
開発された、シンプルな製品ですので、
組み立てが始まるのが、
父さんとしてもとても楽しみでした。

小学三年と六年の娘とかみさんの力で
どうなるか、父さんが
観察がしたかったというのもあります。

部品点数も少ないので、パソコンが出来る
お母さんの指導でも、うまく組み立てられると思います、
一部、マニュアル上、サーボモーターのシグナルコードの
色説明が違っているところがあり、ここばかりは、
ロボットやラジコンを理解している必要があり、
勿体無いところですね。
組み立てと基本プログラムのプログラムをして
動作までかみさんと、娘二人でおおよそ、半日でした。
自分のオリジナルのプログラムを作るのが
これからの課題ですね。娘たちは本当に
楽しそうでした。

父さん。

キットの内容は部品点数が少なくシンプル組み立て開始、アルミパーツの螺子接合は軽くロックタイト塗布サーボホーンの締め付けは、締めすぎに注意組み立てマニュアルはCDROMで読むようになっている。

マザーボードの取り付けと配線も娘たちが行う。ダイナマイザーとの大きさ比較、かわいらしいRB300。完成したRB300、すりあしだが、良く動く。

Posted by dynamizer at 19:33│Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | 教育ロボット

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/50836504