2007年02月07日

神奈川県のロボットマッチングセッションに出展

ダイナマイザーの開発元である、
有限会社杉浦機械設計事務所は、
神奈川県主催のロボットマッチングセッションに出展し、
ダイナマイザーや伝音、だいなまいいにゃーの展示や
プレゼンを行いました。
入場者もそこそこいましたが、
県内の物作りの企業の交流会としての
意味が強かったと思います。

イクシスリサーチやビーエルオートテック、
夢幻工房、インダストリーキャリア、テクノロード等
ROBO-ONEや川ロボでおなじみの方々も
ちらほらといらして、少し緊張が和らぎました。
東京工業大学精密工学研究所の
人工筋肉用の小型コンプレッサ関係は
柔軟なロボットアクチュエーター用の
実用化にはかかせないものです。
わけあって色々調査中の走行ロボットを
重点的に見ました。
川ロボ育ち?大阪大学産業技術研究所の多脚ロボは大迫力です。
以前から注目していました、
神奈川県の産業技術支援センターの壁面走行ロボットは
私のブースの隣で関係者の方々とも深いお話が出来てよかったです。
昨年弊社絡みの大電流試験で候補に上がった
センターだったような気がします。
その時は色々な関係で、東京になりました。
トピー工業のクローラロボットは東京工業大学の広瀬研究室の協力だそうで、
完成度が高かったです。災害時には活躍出来ると思います、

会社名を失念し失礼しますが、
3軸加速度センサーはFFT分析が出来るので、
ダイナマイザーにつけし波形分析したいと思いました。
アイティーティーの室内GPSシステム
エッチャンデスの
3自由度回転システムは素晴らしい発想でメカ屋の私は感服しました。
クワンタビューの卓球ロボットはビデオ展示でしたが、
なかなかのものでした。

吉野川電線は良い仕事をしています。
直ぐにダイナマイザーに採用したいと思います。

うまが合いそうな方にも
出会いました。

名刺交換した皆様、川崎市そして神奈川県様、日本ロボット工業会の皆様
どうもありがとうございました。

杉浦機械設計事務所の一こまブース展示内容1:伝音ユニット製品版展示内容2:ダイナマイザーとエンプラ加工部品展示内容3:ゴ軸コンビのゴジックファイブとだいなまいにゃー

大阪大学産業科学研究所の大迫力多足ロボに欧米かたまにダイナマイザーに攻撃をしてくる。きゃーやめてーイクシスの宇宙大会サイズの小型ロボット、OEM向け?ゴジックファイブお疲れ様、帰ってからキットを組み立ててみました。

Posted by dynamizer at 15:07│Comments(3)TrackBack(2) ROBOT-NEWS | 教育ロボット

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/50798250
この記事へのトラックバック
ある方法を知ったおかげで、リッチな海外旅行に行けるようになりました
これって、もしかして不労所得【ひろこのブログ】at 2007年02月09日 00:09
学校で製図の基本は学習したはずなのですが、実務となるとなかなか 描く事ができません。
わかりやすい図面を描く方法【情報・稼ぐ・情報・役立つ・情報】【情報・稼ぐ・情報・役立つ・情報】at 2007年03月20日 04:24
この記事へのコメント
大阪大学の出展者です。
かっこいい写真をありがとうございます。
この多脚ロボットは"whitegoat"、中身はかわさきロボットの「しろやぎ」といいます。
今度は2足歩行ロボット搭乗用の座席も付けたいところです。
出来上がったら、ぜひダイナマイザーを乗せてやってください。
Posted by さいとう at 2007年02月18日 15:52
さいとう先生、先日はどうもありがとうございました。
しろやぎ、あの迫力とは違い、
かわいらしい名前なんですね。
ロボットは動いてなんぼですので、
しろやぎとのコラボ楽しかったです。
ROBO-ONEやROBO-ONE GPはステージが主なので、
出展者というのは、なかなか経験が無いのですが、
良い経験になりました。
なかなか、零細企業でROBOT研究をしていくのは大変です。
多少は商売に繋がればいいのですが・・・
弊社が展示していた、伝音発話機能をしろやぎにいかがでしょうか?
PWMなので、ラジコン受信機でも発話できるので、
簡単に搭載できますよ。
うちのせがれも、何か明日発表する論文を書いています。
今後ともロボット繋がりでよろしく御願いします。
Posted by とみい at 2007年02月22日 03:30
とみい様

こちらこそ脚型異種ロボット交流が出来て面白かったです。
しろやぎは2001年ロールアウトで、
そのころはかわいげな機体だったのですが、
今は度重なる改良の結果、暴れヤギと化しています。

しろやぎに伝音発話のご提案、次の改良案に入れておこうと思います。
うちは研究室というより個人事業主のようなもので、
人手不足ゆえに、動くしろやぎは実は一台しかありません。
今年は何とかもう一台動く機体を作り、伝音発話など
色々な機能を搭載したいところです。

僕の本業はあくまでも細胞系バイオなのですが、
ロボット方面でもかわさきロボット系ならではの搭載・運搬能力を
活かした商業用途を開拓できないか、試行錯誤を続けています。
いろいろ連携できる部分もあるかと思いますので、
ものづくり仲間として今後ともよろしくお願いします。
Posted by さいとう at 2007年02月28日 03:29