2006年11月06日

ROBO-ONE GP in いしかわ夢未来博 2

2006年11月4、5日
石川県金沢市でROBO-ONE GP in いしかわ夢未来博が
行われました。
ダイナマイザーは初日エキシビジョン、
本戦とも凶暴ペンギン「ペント」に敗れました。
ペントに敗れた原因は、捨て身攻撃2回を繰り出し
2対2のダウンカウントで延長戦に突入し、
出してはならない捨て身技を2度出してしまい、
イエロー二回でROBO-ONE界初めてのレッドカードを
食らい、ダウンになってしまったからです。
2度目は誤操作と言っていますが、
レフェリーの小林さん、初レッドを
切る表情がこころなしかうれしそうでした。
まあ何事も最初にするのが肝心です。
皆さんも悪い見本として、ぜひ気をつけて下さいネ。

そのような経緯で、三位決定戦でレトロとの親子(兄弟)対決になり、
トーナメント的には面白くなったと思います。
ダイナマイザーは辛くも三位に食い込みましたが、
新規GP参戦組のレトロ、ペント、キングカイザー、
そして、流山のプティが頑張ってますね。
アリウスは歩行が凄くなり、かなり強くなったと
風の便りで聞きましたが、古株もがんばらねばならないのですが、
私たちファミリーは今年タクミが受験・・今週のソウルは
ファミリーは私だけで行きます。ブラザースも息子なんですけど、
ちょっと寂しいです。
さて、
繰り広げられた試合は、さすがGPという感じで、
どれも見ごたえのある素晴らしいものでした。
特にROBO-ONE界の重臣、吉村さん操る「R-Blue」対
森永さんの「メタリックファイター」戦、第一試合だったのですが、
本GP全体をしょっぱらから引き締めた良い試合でした。
レトロ対オムニゼロはとても迫力がありました。
オムニが投げでなんとレトロを場外に!!
その後レトロも投げでダウンを奪う展開で息を飲む試合。
動画を見たいです。
北陸金沢の地、いしかわ、夢未来博でROBO-ONE GPが行われた。エキシビジョンで紙ヨッシーの「R Blue」を蹴りで破った飛騨神岡高校3年チーム。ニュートリノXと戦いました。長井の試合を見て、戦いたかった相手です。卒業も近くなってきたたね、握手でお別れ三月も出てきて欲しい。凶暴ペンギンペントのセンサー攻撃、こやつは、もはや兵器の領域であるタクミはなめてかかったが、恐ろしくツオイ、凶悪化していた

センサー攻撃を回転浴びせ蹴りでかわす、この逃げ方が翌日のレッドに繋がることになるとは最強の破壊王ペンギン「ペント」に敗れ去るダイナマイザー、もっとも負けたくないカテゴリのロボ(うそうそ)エキシビジョンマッチ終了、石川県の皆さんと記念撮影タァイム


初日の2次会はいつものこいーメンツとネタ仕込み中のブラザーズ、何故ワンタンを運搬するのか最後までツッチーに突っ込まれていたいよいよGP世界最強決定戦が始まる新しいRPBO-ONE GPのムービーも披露された、「締め切り改」も最後の締め部分に出演最高しびれる内容だった。笑顔が素敵だ。ツッチーの機転で操縦までさせてもらった子供たちはちょっと緊張気味かな。
ハンドベル演奏に続き操縦体験デモをするブラザーズはネタ豊富ワンパターンな腕立て伏せ、ダイナマイザーはネタ不足だが、躍動的な新しい、ウオーキング(歩要)を披露、こいつは結構いいぞダイナマイニャーがAIBOリーグのデモを行った金沢工業大学夢工房に乱入金沢工業大学の教育カリキュラムや研究は仕事も丁寧でとても素晴らしかった。

投げ技を共に繰り出しダウンを取ったレトロとオムニ、鳥肌が立った試合だったナナコちゃん操るグレートマジンガァ、足踏みが安定していた、GP選手もスタッフもひとなつっこいナナコのとりこに・・凶暴ペンギンに回転蹴り決めるも、延長戦で禁じ手になってしまった捨て身技、回転浴びせ蹴りをタクミが二回出してしまい、2枚のイエロー=レッドカードを食らう(ルール分かってたのか?疑問が残る結果に)3位決定戦で親子(兄弟?)での死闘でレトロを撃破し、3位をGET、レトロも強くなった、ポイントは近いので、今年のGPは親子でポイントを分散してしまう恐れあり

記念撮影、上位4台全て松井さんの伝助音声ユニット3を搭載きゃーやめてーセキュリティの再検査でバックから出されるダイナマイザー。レントゲン検査から出てきたダイナマイザー、ロボットのレントゲンは何度も見たけど、中身が見えてすごいぞROBO-ONE_GPishikawa-ken(movie)です。



Posted by dynamizer at 13:09│Comments(0)TrackBack(0) ROBO-ONE | Dynamizer_Photo

この記事へのトラックバックURL