2006年09月18日

ROBO-ONE10回大会ダイナマイザーは残念な結果に終わりました

まるファミリー キングカイザー 優勝おめでとうございます。
本大会では、まるさん一家の情熱のこもった、
素晴らしいロボットを見ました。

ダイナマイザーは、第5回大会以来2度目の予選落ちでした。
今回拘ったのは綱渡りレンジャーと
動的な逆立ちでした。これらは成功しましたが
タクミが拘った受動的な省エネ歩行と、
うさぎ跳びで転倒してしまいました。
ROBO-ONEが期待する事を外してしまったようです。

今回の予選落ちの原因は、
私の慢心と
親子のチームワークn欠如
この二点です。
ダイナマイザーのハードウエアの状態や
モーションの豊富さ、安定性は何も問題ありませんでした。
EAGLEで成功した棒渡りを更に、
綱に変えて挑んだ、レンジャー綱渡りなどに拘り、
その期待値をあてにして、
ベーシックな跳躍などの規定演技を
軽く見てしまったのがこの結果だと思います。

何より、親子二人三脚で熟成して来たはずのダイナマイザーを
桧舞台に立たせる事が出来ず、彼(ダイナマ)が可愛そうでした。

一方ROBO-ONE大好き人間としては、
予選、本戦、では皆さんの力のこもったロボットと
素晴らしい演技の数々を堪能しました。
前回よりも更に学生チームが頑張り
予選通過した学校が多かったのは嬉しかったです。

私は、ROBO-ONEではお気に入りのロボットを決めて
観戦します。(自分が負けたときに、フアンが無いと、面白くないから)

今回私がファンになったロボットは飛騨神岡高校の
ニュートリノXの3年生チーム、
そしてオマタさんのアタモでした。
製作者のオマタさんはいつも何かしら洒落が入っていて面白い人です。
数年前から、富山他ROBO-ONEイベント等で
つながりが多い方なんですけど、
今回のアタモ、残酷な組み合わせ。
5kg級のマイロとの戦いでした。
試合では、何度もマイロにのしかかられて
まるで、甲虫が潰されていくようで、
実際に股関節とか、ひん曲がっているのか、
潰されていくうちに、じょじょに最初の形になってないんです。
それでも必死に起き上がって行きます。
息を呑む試合展開で本当に感動しました。

海外勢では、Lemさん、そしてBAUER Independents Ltd.の皆さん
ありがとうございました。
本戦ではレトロ万歳という応援幕まで作っていただきました。
又、お隣の国、韓国で何回もお会いしている、マイロの動きは素晴らしかった。
マイロの進化を見てきましたが、あの重さのロボットを運営し、
ずっと一貫したコンセプトで熟成してきた姿勢には、
エンジニアとして本当に頭が下がります。
韓国のI-oneの製作者も友人だったのに、
私自身が凹んでしまっており、声をかけることすら出来ませんでした。

長井市は実はとても思い出深いところです。
私が1/4世紀前に生協の合宿で免許を取らせて頂いた、
長井教習所のある場所です。
青春の思い出が一杯詰まっているところでした。
そんな特別な思いのある場所でしたが、
色々応援くださった方々のご期待に
答えられず、大変申し訳ない結果になりました。

尚決勝戦ベスト16前の時間にROBO-ONE GPの紹介コーナーで
エキシビジョンマッチとして、インプレスTVのタカハシロボのしめきりFと
対戦させて頂きました。
高橋さん、我々ファミリーの負のフォースで、
容赦ない攻撃をしてしまいましたが、ごめんなさいね。
負け犬のどうしの情けない共演だという事は
残念なんですが、傷をなめあうような気持ちでしたね。


又ROBO-ONEバトルボールにも控え選手として、
参加させて頂きまして、
このような機会を設けてくださり、ありがとうございました。

大会期間中、山形の子供達の目がキラキラ輝いていましたね。

長男と次男のチームは、
強力な近藤科学の4014サーボモーターへの変更に伴う、
新型機レトロ2の開発をしました。
その製作過程を見守って来ましたが、
Autodesk Inventor(オートデスク インベンター)と
ローランド・ディー・ジーのMDX-20を駆使しながら、
短期間で開発し、プログラム等も一杯一杯のスケジュールのなか、
予選通過出来てなによりです。
初日のMANOI AT01のデモで次男による青いMANOI ATの
移動系のデモをさせて頂きました。


Posted by dynamizer at 17:00│Comments(7)TrackBack(0)ROBO-ONE | ROBO-ONE

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/50661223
この記事へのコメント
ご愛好,ありがとうございます!
決勝では色々と作戦を練っていたのですが,ちょっとチタンに溺れ過ぎました.
脚の構造もさることながら,0.8mmは薄過ぎました.
現在,アタモは脚の各所クレームが,グチャグチャに変形しています….
もう,正常に歩くことすらできませ〜ん...

私はダイナマイザーがとっても大好きです.
負け試合で申し訳ないのですが,飛騨高山の決勝戦でのダイナマイザーがとっても好きです.
アタモの歩行も,飛騨高山の決勝戦のムービーを何度も見て,ダイナマイザーの歩行のテンポに合わせました.
これからも参考にさせて頂きます.

私は技術も何も持っていないので,ダイナマイザーのような立派なロボットを作るのはなかなか難しいですが,
持ち前?の洒落のきいたロボットで,皆さん達に割り込んで行こうと思います.
今後も何かあったら宜しくお願いします.
Posted by オマタ at 2006年09月19日 13:29
オマタさん。書き込みアリガトウございます。
今回ダイナマイザーを研究してきたという人に
沢山会えましたけど、アタモもそうなんですか!!
お気に入りのロボットだったので、大変嬉しいです。

杓子定規にしているだけでは、ロボットは生き生きしません。
ROBO-ONEのロボットはもしかしたら
自分の彼女よりも、時間を共有しているのではないかなと
思ってます。そういうのが、
日本人的なパーソナルロボット、パートナーロボットなんではないかなと
それなので、余裕があれば、
Posted by とみい at 2006年09月19日 21:25
必ず、ちょっとした洒落や自分の課題としての
チャレンジングな部分を入れないと
ならないといつも思っています。

一つのコンセプトを持ったロボット運営してきて
思いますが、ダイナマイザー2は
全く設計をいじらず、産まれてからそろそろ3年になります。
長井ぶんだけ、愛着が強く家族のようです。

両足ジャンプは3年前に去年は片足
ジャンプまで出来ていたのですが、
今回それを失敗してしまいました。
自分に負けたようなもんです。
Posted by とみい at 2006年09月19日 21:25
とみい軍曹お久しぶりです!
ベーチックこと旭です。

今回のROBO-ONEは自分の人生の節目の大事があり
参加することが出来ませんでした。
そしてネット環境が無い場所だったもので予選・
決勝ともに画像を見ておりません。

で、このブログを見てびっくりなのですがダイナ
マイザー予選落ちなんですか!?

”何”があったのだろう??

他の人のレポートを読む限りうさぎ跳びを失敗し
たくらいではダイナマイザーが予選落ちする要素
が想像出来ません。。ムムム。

動的逆立ちに非常に興味有りです。あの丸い拳で
どうやって動的に・・・。

早く兎さんのDVDでダイナマイザーの予選見てみ
たいです。自分の目で見てみないとちょっと信じ
られないっす。
Posted by at 2006年09月21日 12:51
お久しぶりです。
覚えていらっしゃいますか? 白風Mです。

今回のROBO−ONEは、
会場が遠かったため、観戦しに行けなかったですが、
ROBO−ONEの公式HPにて結果を見まして、
ブログの方を拝見させて頂きました。
ダイナマイザーが、予選敗退とは私も信じがたいです・・・
うさぎ跳びって、結構難しいのでしょうか?

でも、私は、ダイナマイザーのファンです。
これからも応援してます。
Posted by 白風M at 2006年09月21日 19:34
白風Mさん。もちろん覚えています。
さっきまで天橋立というところのちょっと福井側い
行ってきました。股覗きと言って、
前屈して両足の間から天橋立を覗くと、
まるで竜が天に繋がっているように見えます。
何回か仕事で(爆)行っているのですが、
今回は、観光は出来ませんでした。
知恵の輪燈籠といって知恵の輪のルーツもあるんですよ。
日光を浴びながらときおり水面を走るような
タンゴディスカバリーの車窓の景色を眺め
ダイナマイザーもこういうところでも
活躍させたいなぁと思いました。
Posted by とみい at 2006年09月23日 17:55
旭さん、自分の人生の節目
なんだろう?
三十路突入とかですか?

ダイナマイザー3を完成させたいのですが、
ダイナマイザーの設計は
自分でも超えるのが大変です。

うさぎ跳びはそんなに難しくないけど、
リングの摩擦が強かったので、
一回目で前に飛んでつま先が引っかかって
転んでしまいました。


Posted by とみい at 2006年09月26日 12:02