2006年07月17日

わんだほー ろぼっと か〜にばるにイケメン君で参加しました。

思い立ったが吉日
石川さん、そして多数のボランティアの皆様の運営の
「わんだほー ろぼっと か〜にばる」の事を
Lemさんから昨日聞きまして(ここんとこ忙しくネットを見てなかった・)
我が家に加わったMANOI AT01に手作りのイケメン顔と
ちょっと怖目の昇り竜と虎の刺繍をほどこしたジンベエ衣装の
「イケメン君」で参加して来ました。
マナブのプログラムがどれくらい通用するかの検証を
兼ねています、プログラムの駄目だしに
時期的に丁度よかったのですが、私の本心としては、
KHR-2セカンドアニバーサリーの打ち上げは家族でしてしまいましたので、
ROBO-ONE参加をしている、もしくは目指している
皆さんにお会いし、初心に帰りじっくりとそして
たわいないギャグも含めお話しをしたかったからです。

息子達は、連休真っ只中。各方面にちらばり、
ひさびさに私(父さん)一人での参加でした。
Dynamizer1の頃を思い出しますが、
今回はマスプロ製のロボットがベースです。
そして家族皆で協力してロボットを運営しているので、
私も早くパイロットとしても覚醒しなければならないと
思っての参加でもありました(無理かな)。

今回のもう一つの目的は、いかに軽量化した
荷物で二足歩行競技に参加できるかの
検証でした。老体の私は、たった一つのロボットを
動かすのに、人間が大きな荷物を持って、
駅でステアーズをして来たので、今の日本が
バリアフリーがあんまり達成できてにゃい事が良くわかってます。
今回は、充電器はGIYさんに、工具は城間さんに、
他はいろんな人に借りるというスタンスで(超迷惑かもしれない)。
バッテリー三個。ドライバー一本とロボット、替えのサーボ一個。
VAIO UX50だけ、あとは携帯。

前置き長くなりました。
カーニバルですが、
イケメン君のダッシュ2mはなかなか早かったです。
前進で方向が全くぶれず、7秒台が出ました。
今回ある方向のジャイロを意図的にかなり強く入れてみたのですが、
効果が判りました。やはり自分で操縦しないと判んないんだよね。

しかし、久々(でもないか)に会った、
スミイファミリーのアリマロにはコンマ数秒遅れで、
負けてちょっと悔しかったなぁ。イケメン君は
何位だったんだろう?

その次次の競技だったかな。
これが面白かったです。
名前は忘れたので、石川さんのところで見てください。
サッカーのようと言えばそうなんですが、
サイコロをゴールしあう競技です。
ゴール数も大事ですが、
ゴールした時のサイコロの目で勝敗が大きく左右するという、
博打=賭博=人生の賭けみたいな、
エッセンスも入っている江戸の町民文化っぽい、粋な競技です。

その競技で、イケメン君はMAGIと戦い、
2回ゴールしたのですが、
なんと!2回中1回は栄光ある初のオウンゴールで
更にそのさいの目の差でイケメン君は自分が自分で負けてしまった・・
これは、これまでの人生の反省をうながすような
啓示なのか。一瞬人生後半の生き方を考えました。
でも。やはり操縦は子供にしてもらいたぃ。

という訳で。
午後三時にはじまる。超サマータイム。
あまりむきになならない。スローなお祭りを堪能した半日でした。

このようなロボットイベントに参加するとき、
いつもフアンのロボットを決めます(会場や予選で決める事が多い)。

自分的に今回のマイフアンは、
以前から良くイベントで一緒になり
時には戦いを繰り広げた、ナベダム夫婦に決めました。

バルーンファイトでは夫婦対決してました。楽しいですね。
賞品は浅草ギ研の
新商品「RCサーボコントローラー」でした。
近藤科学のICSサーボモーター対応の12軸制御ボードです。
500円の参加費でこんな高い賞品を頂いちゃいました。
最後に、石川さんありがとう、お疲れ様でした。

新商品RCサーボコントローラーをGETしたイケメン君
そして最近のイケメン君事、MANOI AT01の動きです。
2mを7秒台で走りきっています。安定し真っ直ぐに歩き、かつ早いのには驚きです。
動画


Posted by dynamizer at 01:37│Comments(0)TrackBack(1)マノイAT 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dynamizer/50578509
この記事へのトラックバック
バルーンファイトに関連するブログを集めてみました....
バルーンファイト【キーワードマーケティング実験室】at 2006年07月19日 15:26