2006年04月02日

ROBO-ONE参加ロボットの予選と決勝の歩容について

第9回ROBO-ONEと、国際ROBO-ONEを終え、
それぞれのROBOTのパフォーマンスを
観察した私のそれなりの感想です。
予選と決勝で歩容が違うロボットが
いる事が気になりました。
規定は足を高く上げて
歩く、とにかく走るです。

私は決勝でもそれが求められていると思っています。

ダイナマイザーは、初めから予選と決勝の
歩容は変えていません。全く同じです。

限界まで動かしていますので、攻撃には不安定で不利になります。
この歩容はダイナマイザーとしては譲れないこだわりです。
これをしなければ、ROBO-ONEをやる意味がないとまで思っています。

今回の国際ROBO-ONEの参加ロボットは海外勢は
明らかに進化していました。勿論
相変わらずのスタイルのロボットもいますが、
ROBO-ONEの趣旨を良く理解し、ずーっと歩き回っている
ロボットもいました。

日本のロボットも彼らのような勉強家の国に
追い越されてしまうのではと思う進化でした。

歩行やランニング、
これが二足歩行ロボットコンテストの基本だと
思っています。


Posted by dynamizer at 17:26│Comments(8)
この記事へのコメント
こんばんは。

>日本のロボットも彼らのような勉強家の国に
>追い越されてしまうのではと思う進化でした。

I-ONE(だったかな?)を見てそう思いました。
1年くらいで日本の今のレベルは超えているでしょうね。

楽しみな反面、うかうかしていられないと思いました。
Posted by アミノ酸 at 2006年04月02日 23:25
アミノ酸、
I-ONE良い動きしてましたね。
I-ONEだけで無く、今回予選を
通過した韓国勢は
仮に9回のROBO-ONEに来てたら
予選結果上位に食い込んだ行ったんじゃないかな。
I-ONEは攻撃は殆ど無い?みたいだけど、
予選・決勝を通じ
ほぼ足踏みしていたのには、
感心させられました。
製作者は結構人懐っこくて、いいやつですね。
韓国ではおなじみ。
毎回ではないけど、日本にきていたんじゃないかな。
韓国の皆さんの上位陣のロボットの作りが
かなり綺麗なのも印象に残った大会でした。
又韓国で宜しくです。
次回は、もう少し、製作者と夜の懇親を深めたいですね。
Posted by とみい at 2006年04月03日 12:46
とみい軍曹さま、こんばんわです。
私も同感であります。
最近はルールについての議論が多いのですが、
まずは動き回ってもらわないと観客も喜んで
くれないのではないかと思います。
単純に「勝ち負け」よりも、最初の基本というか
初心に帰ることも忘れないことが肝心です。
「飛び込み技」を色々言う前に「歩行・走行」のこと
も議論にあげて欲しいです。
「2歩歩く」ルールがなくなったのは残念です。
逆に「10歩歩く」くらいが面白いかもです。
長レス失礼しました。
Posted by キラ@元きららR at 2006年04月03日 22:35
キラさん。そう言えば2歩ルール
いつの間にか無くなってたのですか?
うちは戦い方を変えていないので、
余り意識していませんでした。
馬山ではリング中央にしゃがんで待ち構える
テッコンV、その周りを大生や蟻臼はぐるぐると
周り、ちょこまか攻撃をしていますが、
結局は近接戦になった所を
カウンターでやられるというパターンでした。
テッコン戦では、準決勝もランブルも
吹っ飛ぶなんてもんじゃないくらい、
飛びました。リング横にいると、
音が凄いんです。テッコンVの
チョッチェギだっけ、突き技ですが、
とぉりゃぁぁ、バキッ、メキッとか

慣れたのか、そういうやられ方も快感になって来た。
やられ役のヒールも美味しいかも。
Posted by とみい at 2006年04月04日 13:25
韓国のロボット対策ですけど、
とにかく重量級が多いので、
ダウンを取るのがもー大変。
捨て身攻撃で、相手のちょっとした隙を
狙うしか方法がありませんでした。
我が家の男は、私を含め皆剣道を
していました。皆段持ち、
タクミは現役でして、横で見ていると、
動体視力は凄い物があります。
回転浴びせ蹴りはアウトレンジから
走りこんでの攻撃、
剣道の面に割りと近いかな。
後ろ回転浴びせ蹴りはトリッキーなので抜き胴。

体格差がこれだけあると、
せっかくダウンを取っても、のしかかられるだけで、
かなり大変です。ミシッとか音がします。
ダイナマイザーはかなり頑丈なのですが、
それでも一戦を戦うだけで、MCナイロンのボディに
傷がつきます。サーボも相当なダメージ。

悟空は下敷きになると、ペッタンコになりそうだけど、
結構頑丈だった。でも半端な作りのロボットはバラバラにされちゃう。
Posted by とみい at 2006年04月04日 13:38
ちなみに私も歩容は変えてませんでした。
が、残念ながら、モーションプロセッサー初心者(今回初めて)で、攻撃と移動で別プログラムにしてしまい。
結果的に本戦では移動が思うように動いてくれませんでした(^^;
移動させようとして、実際に動くころには・・・って感じで、、、
メインを攻撃プログラムにしたせいですが次回はちゃんと動けるようにしたいと思ってます・・・。
Posted by ゆ at 2006年04月05日 01:33
ゆ、さん。ROBOT-LINKお使いでしょうか?
モーションプロセッサーの通信系を
最大限引き出せます、Bluetooth無線は勿論
標準のリンクケーブルを使用した有線で直接
動かせますので、デバックも楽です。
応答が非常に早くなります。お勧めです(弊社製ですけど)。
http://smd01.machinedesign.co.jp/users/dynamizer/parts2.html
Posted by とみい at 2006年04月05日 11:13
又モープロ標準コントローラーと言っても過言ではない、
もうかってまっかコントローラーも用意しています。
プログラムのストラクチャーを作るのに最適です。
http://smd01.machinedesign.co.jp/users/dynamizer/parts.html

FA用なので、非常にタフです。
上記二点のお客様は弊社運営のROBOT-LINK MLで
ユーザーの皆さんでスクリプトのプログラムの
実験や勉強などをしています。

移動系のプログラムの作り方ですが、
とにかく共通する動きはパーツ化して軽くする事です。
プログラムの修整も楽になります。
ループが2重3重になりますが、反応が早くなりますよ。
Posted by とみい at 2006年04月05日 11:14