2006年01月30日

台北の感想

はじめまして。
スギウラファミリーの巧美です。
今日は台北にきての感想を書きます。

台北の町全体の感想です。
町並みやビル、そしてお店など
日本と全然変わりませんでした。
違うところは言葉と食べ物だけでした。

次に博覧会での感想です。
博覧会では日本のロボットの
NOVOをはじめ、アクトロイドや
近藤科学のKHR−1などすばらしい
ロボットが集まっていました。

最後にROBO−ONEブースの感想です。
どういう反応をするかが不安でしたが
ロボットをリングの上にのせるだけで
「ワー」という声援をもらい
人はとても子どもが多く
くいつきもとてもよく
気持ちよくデモをさせて頂きました。

では昨日、今日と台北の色々な写真です。
台湾での感想台湾での感想台湾の感想
台湾の感想台湾の感想台湾の感想

Posted by dynamizer at 00:41│Comments(2)
この記事へのコメント
台北のイベントお疲れ様です、
私も4年前に台湾行きました、
文化が日本と変わらない所が見ごたえあります、
駅の売店や本屋の中は見事に日本で見覚えあるのがあって逆に面白いです、
電脳街に行くとアキバフリークの私はけっこう楽しめました。
Posted by GIY at 2006年01月30日 18:15
台湾のPlayRobotさんに招かれたのですが、
今までROBO−ONEで行ったアジア圏の中国広州、ソウル、釜山ですが、台北はほんと日本
ぽかったです。最終日は晴れたのですが、
24度くらいの気温がありました。
夏は暑いと思いますが寒がりの僕には
暮らし易そう。
Posted by とみい at 2006年01月31日 19:27