2010年06月24日

ブラックリスター トレーラー2公開

ブラックリスター トレーラー2
  

Posted by dynamizer at 20:39Comments(0)TrackBack(0)TINYWAVE | ブラックリスター

2010年06月14日

TINYWAVE challenged soccer in the garden of my lawn.

TINYWAVE challenged soccer in the garden of my lawn.

  
Posted by dynamizer at 06:50Comments(0)TrackBack(0)Dynamizer_Movie | ROBO-ONE

2010年06月13日

はやぶさ

はやぶさ、お帰りなさい。
想像以上にとても美しい帰還でした。
NASAによるDC-8からの空中撮影動画
火球の下にある小さいけど、はっきりとした光跡を
放っている火球が、サンプルリターンのカプセルです。


はやぶさの絵本
「はやぶさ君の冒険日誌2010」

私は物心ついた頃から天文少年でして、
スプートニクやユーリ、ガガーリンの友人飛行や
マーキュリー計画はさすがに覚えていないけど、
チトフ少佐の船外活動、ジェミニ計画くらいから、
新聞やTVや博物館、万博などで接した記憶があります。

JAXSAの宇宙芸術の仕事をした事があり、
今回のミッション、ずっと帰還を祈っていました。
感動です。
大気圏突入前、最後に撮影した地球の画像がかすれているけど、
きっと、涙で目がかすんでいたんだよね。


うぁあ。擬人化してしもーた。

  
Posted by dynamizer at 23:25Comments(0)TrackBack(0)宇宙開発 | JAXSA

2010年06月11日

親友で社友でもある全さんの猫に子猫が生まれた。

2de89d3d.jpg今回のインチョン大会の後、ワークショップなど
行われたので、私はTINYWAVEシリーズを共同開発している
ROBOLIFEの社長の全さんの家に
二泊泊まりました。ROBOLIFEの主任プログラマーのチェさんと
同じ部屋で泊まったのですが、私の家でも私と抱き合いながら
寝た事があるので、特に違和感がなかったです。
ROBOTISとは大事な会議があり、ROBOLIFEとは
弊社が販売しているMOTIONCREATORの会議をしてきました。
仕事はさておき、ROBOLIFE滞在中最も印象に残ったのは
猫ちゃんです。本当に愛くるしくて。
TINYWAVEに使用されている、MOTIONCREATORですが、
結構今エッジが立ってます。業務用に使えますので、
もし、サービスロボット展開を考えている企業様の
場合ご相談ください。  
Posted by dynamizer at 20:49Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | ROBOT-NEWS

インチョンで開かれたKorea Robt Game Festivalに参加してきました。

彼らと私は毎年インチョン出会いディスカッションやワークショップをしている仲間だもう4年か5年くらい毎年参加している大会です。
Korea Robt Game Festivalと英語では書きますが、
別名世界ロボット大戦という、恐ろしい名前がついとります。
この様子は次回ロボット専門の雑誌でレポートします。
実に多彩なロボット競技が盛り沢山で、熱い。

今回は、成績的には森永さんのメタリックファイターと
TINYWAVEで組んだサッカー競技で
100チームくらい中、6位になったのが良かったです。
終わったのが夜の9時くらいだったけど、とにかく
森永さんと、息がぴったり合いました。
表彰状と賞金150000ウオン(円ではない)ももらいました。
  
Posted by dynamizer at 20:04Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | ROBOT-NEWS

FINANCIALTIMESの原本がRobin Harding から送られてきた。

まさかの展開、TINYWAVEがFINANCILTIMESの表紙になったんだよ。エスプレッソパッチギのバックスだった
Robin Harding はこの度日本を離れ、
外国に移籍したそうです。
非常に熱い伝説的なサッカーをしたメンバーですので、
監督兼ミッドフィルだーとしては、残念ですが
これからの活躍を期待します。
もしかしたら、今頃南アフリカにいるのかな。
TINYWAVE3色で集まって記事を読んでいるのだろうか?  
Posted by dynamizer at 19:54Comments(0)TrackBack(0)TINYWAVE | media

ニソコン アスリート部門でTINYWAVEが一位5

最近私の絡みで表彰される機会がやや増えた第一回大会から、個人的に
応援しているニソコンですが、
今回も運営が素晴らしかったです。
結果的に、大人が皆で勝利を独占して
しまった感じがしますが。
この大会は、オーガナイズや大学によるネットワーク構築の
実践に繋がると思います。
運営者の東京理科大学、参加された大学に皆様素晴らしい
大会をありがとうございました。
私的には神谷みのるさんが、自ら自作機でデビューした事が印象的でした。
プラレス三四郎の世界に入ったような、
デジャビュー現象のような、不思議な感覚だったそうです。
ニソコンに出場したメンバーの記念撮影表彰式は嬉しいものです。TINYWAVEを持ち上げる。大人たちROBOTで記念撮影、神谷先生のロボットを探せ電気通信大学のロボメカ工房と打ち上げ、彼らも成長した。  
Posted by dynamizer at 19:35Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | TINYWAVE