2009年08月10日

仁川(インチョンIncheon)「世界都市祝展」最終日

仁川(インチョンIncheon)「世界都市祝展」での
ロボット対戦もいよいよ最終日です。
ベスト8でしたので、決勝戦は交流が主体でした。
私はランブルへの許可が出たのですが、狭いリングですぐに落ちてしまいました。
kanwoon大学やGADGETチームと色々と有意義なディスカッションをしました。
両校とも、Dynamizer2の時代から6年くらい戦っていると思います。
メンバーは育ち、入れ替わっていますが大変長い付き合いです。
夜はナショナルチームの皆で会食をしました。韓国の伝統料理でした。
韓国の味噌鍋はかつて日本でもあった田舎味噌のようで、本当においしいです。
人の分まで食べてしまいました。
その後ホテルに戻り、香港チームに対し深夜2時過ぎまでTINYWAVEの運用や
Bluetoothによるシリアル通信に関する教室をしました。
一通り仕事を終えたら、体内アルコールが完全にエンプティーです。
周辺には店も無くこのホテルのルームサービスも
とっくに終わり、自動販売機もありません。
フロントに抗議をしたがなしのつぶて。
でもホテルの屋上でなにやらにぎやかに宴会をしている
人たちがいたので、声をかけてみたら。カナダからやってきている
Le Cirque Éloizeの主要メンバーでした。
私の気持ちをすぐに察してくれて、ビールをご馳走になりました。
お礼にDynamizerのパフォーマンスショーの始まりです。
3時過ぎくらいまでおおいに盛り上がりました。
シルクのアーチストの方々の前で偶然にもパフォーマンスしたり
お酒を酌み交わした事は一生忘れられない素的な夜になりました。
公演に招待されたのですが、今日は残念ながらインチョンを離れ
板門店方面に行く予定になっています。
シルクの座長の方からは、3ヶ月インチョンで公演するので、
いつでも招待するといわれました。感激です

ゾンさんは勝った。私の信じているとおりに。自律競技でもチェさんが優勝、ROBOLIFEチームの完勝宿敵というか良きライバルGADGETチームとはいつも仲良し参加した、インターナショナルチーム

常に海外チームを入念にエスコートするカエラ素的です今晩はかなり遅い時間に花火がホテルの屋上でLe Cirque Éloizeと酒を飲むDynamizer単にサーカスでは無く、アーチストなので操縦も上手い

ご満悦なDynamizer彼らとのフィーリングもぴったりとにかく皆さん器用で、お互い表現したいことが理解しあえた勝手に飛び込みでパフォーマーとし乱入したがエキサイトしてきた。ELOIZEの美女からも男性からも熱い口付けを奪われた。  

Posted by dynamizer at 10:41Comments(0)TrackBack(0) ROBO-ONE 

2009年08月09日

韓国の仁川(インチョンIncheon)「世界都市祝展」の印象

大韓民国ロボット対戦が行われているのは、
韓国の仁川(インチョンIncheon)市です。
仁川は過去に何度か訪れた事がありますが、
日本で言えば、お台場か、MM21か、幕張かという感じです。
歴史的に言えば、横浜は古くから
文明開化や国際化が早かった点
東京とためはっているので、
どちらかといえば、幕張ですかね。
訪れるたびに開発が進んでいます。

祝展会場周辺は広大な敷地で、
内容は日本で言う、万国博覧会そのものです。
日本に関する展示は私は韓国の若者が
かっこよく日本語の祭りっぽい曲で踊ってくれた
ダンスショー以外は見当たらなかった。

関係者なので、裏側から入ることもあり、
最初は工事中の印象がありましたが、
毎晩工事が進捗し、会場に行くたびに
整備が進んでいる事に驚愕しました。
まさに、会期中に成長する博覧会です。
どこぞの開港150年のブルーインパルス以外
ショボイ記念祭と超超超超カンジが違います。
父に連れられていった日本のEXPO1970が懐かしいです。orz
このままの指先使わない教育を続けたり
子供を作れない環境が続くと
日本はどんどんアジア、否世界から
取り残されていくんだろうな。
台湾でも中国でも香港でも感じたんだけど、
やばいぞ日本
私の住んでいる市の上級職員はボランティアの
やりくりを考えてるなら、ここに視察に来るべき。
持つべきはモチベーションやハートだろう。
学生や、退役軍人、若い人が沢山ボランティアしてる。

れんだこがきれいにそよいでいた今日はジュニア大会。ジュニア大会は猛烈なエントリー噴水はマルチメディアだった(夜が凄かった)韓国は子供が多い。日本には無い楽しい遊具も沢山ある

子供たちの思いっきりのダンスがセンスも笑顔も良く本当に可愛かったシニアのダンスは日本のダンスだった。良い関係でホッとした。3時にはパリのカフェスタイルでワインとチーズと4重奏を楽しむ私が尊敬する韓国の偉大な指揮者チョンミュンフン氏のコンサートを見れた。タクミが手紙を書いて返事をもらったことがある。チャングの有名なユニットと韓国の古来の曲風のクラッシックとの融合の作品は本当に素晴らしかった。クライマックスはファイヤーワークスとも融合残念デジカメの電池切れ。  
Posted by dynamizer at 02:00Comments(0)TrackBack(0) 出張ついでの旅 

2009年08月08日

3日目は休息だが、これから博覧会に行きます。

今日はお休みですが、これから仁川世界都市祝典会場に
ぶらりと行こうと思います。
戦いを終えてくつろぐDYなみぜrどこもかしこもアンダーコンストラクション状態  
Posted by dynamizer at 12:41Comments(0)TrackBack(0) ROBO-ONE | 出張ついでの旅

ベスト8

エントリー台数200台を超えました。
軽量級(ビギナー)が140台、重量級(プロクラス)が60台くらいです。
合計5試合(内相手の棄権1台)をしまして、結果はベスト8位でした。
彼GIGADYNAMIZERが産まれてから最高の仕事をしてくれたと思います。
10時から始まったオープニングセレモニーは
DYNAMIZERの始球式から始まりました。バッターはFarrellROBOTICS
終わりは夜の8時を超えていました。

準々決勝の相手は、kanwoon大学です。
kanwoon大学とは過去に何度か戦った事があると思います。
ロボットの移動速度を高め運動エネルギーを使った攻撃はさすがでした。
先生や先輩の研究が後輩にも受け継がれていますね。
今までも何度か良い試合をしてきました。

しかし今回の戦いはやや後味の悪い残念な結果です。
韓国も色々なルールがあるようで今回はポイント式で、
レスリングのようなルールだったようです。
ラスト20秒まで、僅差の戦いでシーソー状態で5対3でDynamizer
得点差で負けていました。逆転すべくDYNAMIZERの攻撃で引き倒したのですが、
スリップとの判定で4対5で1ポイント差になりました。
しかし、相手がダウンした状態で相手がトラブルか何かで
起き上がれなくなりました。全く動かなくなったのですが、
審判はカウントダウンしませんそして、残り2秒とかで、
タイムを取ったのです。2分の持ち時間があるので、
壊れて寝たまま勝つという、謎のルール。
1POINT差で普通にスタンディングしファイティングポーズを
取って待機しているDYNAMIZERの負けになってしまいました。

起き上がれないロボットが勝ちあがる?タイムアップして起き上がれなければ、
日本のROBO-ONEではTKOですよね。ボクシングやK1、柔道など、
人間の格闘技でも大抵はそうなのではないでしょうか。
ずっと寝ていて、10秒以上ダウンしてるのに、
レフェリーはカウントもまったくしません。
逆にDynamizerには3秒ルールのペナルティは的確に与えられました、
座って防御している訳でもなく、横つきでもなく、
手をぐるぐる回しているのでもなく、真正面から正々堂々と
パンチを連打しながら繰り出しているのだから、
あそこで3秒ルールは日本のROBO-ONEでは適応されません。
そもそも90度以上しゃがんでないし。
残念ですが、かなりアウエィといわざるを得ません。
日本から始まったROBO-ONEのルールがやや曲がって
解釈されているのは困りものです。
審判もレフェリーもなぜ私が攻撃DOWNの勝負Tシャツを
来て渡航してきているのかなど、ROBO-ONEの
ルール改定の歴史、経緯を学ぶ必要があると思います。

日本では不知火やDYNAMIZER、トコトコマルなどで伝説の戦いを
築いてきました。ここインチョン市や
韓国でもGADGETチームとDYNAMIZER2の決勝戦や、
テッコンVとの決勝戦など、正々堂々と正面から
ぶつかり合ったした凄い試合を何度もしたじゃないですか。
お客さんはヒットアンドアウエイを見たいのではなく、
がっつり4つに組んだ戦いを見たいのだと思います。
韓国の学生も、先輩から単に技術だけを学ぶのではなく、
2足方向ロボット競技がどのような想いで日本で始まり、
そして韓国の先輩がどのような素晴らしい戦いを
過去にして来たかを是非学んでください。

6位決定戦で、戦いましたソウル産業大学の皆様とも昔から同じように戦ったり
交流したりしてきました。ファイティングスタイルがすごく良かったし、
呼吸が合うというかDynamizerと正面から正々堂々と戦ってくれてありがとう。
最後の試合がとてもすっきりして楽しかったです。
ロボット格闘技に久々に燃えた一日でした。

HUNDAYの巨大ブース、ロボットだけの展示会ではないソウルの隣、インチョン市に終結した国際チームの面々参加者がヒューマノイドだけで200チームを超えましたようです。

韓国では毎回彼女たちがDYNAMIZERのサポーターです参加したチームがとても多いです。この撮影で1/4くらい。彼もお疲れのようです。私も寝ます.kenncyanayo





Easy Video Reserchというサイトを見つけた。  
Posted by dynamizer at 04:37Comments(0)TrackBack(0)

2009年08月07日

インチョンにつきました。今回海外勢が多く国際大会です。

予選は免除だとの事で安心していましたが、
明日はガチで予選で振り落とされる事になったようです。
出場チームは2足で200台以上、
勝ち残れるわけないじゃんという
感じでいきなり凹んでいます。
サッカーもTINYWAVEの純粋なチームで
出るので、まぁやれるだけやってみます。
あわただしく荷造りなんか不思議な写真が撮れた(羽田にて)インチョン市では広大な敷地にROBOTLANDが出来るらしいぞ会場周辺は至る所で工事中。日本で言えばMM21やお台場みたい
親友の全さんが開発にかかわった韓国の犬型ロボットDynamizerの親友のユリアいろいろなサービスロボット私はこのロボットのデザインが好き
HUNDAYの巨大ブース、ロボットだけの展示会ではない  
Posted by dynamizer at 00:16Comments(0)TrackBack(0) ROBO-ONE | 出張ついでの旅

2009年08月06日

ROBO-ONEサッカー結末

さて、急遽編成した
国際チーム、エスプレッソパッチギですが、
準優勝しました。
私(日本人)、全さん、チェさん、1,2そして
フィナンシャルタイムズのロビンハーディングさんと
組んだチームです。操縦や技術など問題が数々出ましたが、
皆でタッグを組み解決していきました。
本当に面白かったです。

今年の夏はロボットが忙しいです。
明日から韓国に遠征です。
サッカーの報告はこれで一旦終わりにします。

先週は、宮前区の小学校で課外教育をしました。


パナソニックセンター壁面の巨大スクリーンにはROBO-ONEの文字予選で勝ちあがった四川会が、相手チームを選ぶお願いします、編集長はエスプレッソを選んだときめいた途中は他のWEBを見てください。パッチギ準優勝でした。





大会の様子はU-TUBEなどで動画でUPされているので、見てください。
弊社が販売しているTinywaveの動きに注目です。  
Posted by dynamizer at 01:15Comments(0)TrackBack(0) ROBO-ONE | Dynamizer_Photo