2006年11月15日

第3回ROBO-ONEソウル産業大学大会写真その3おわり

日本勢は吹っ飛ばされてリングアウトもしばしば両手をついた押し技も多い、多少の接触はダウンにならないやられているのになぜか笑顔、相手は全さんのヘイル背中をとられるレトロ、韓国のホームポジションに注目

相手が立てなくなり、レトロが勝つポーズを決め、見得を切るレトロテッコンVと記念写真ソウル科学技術大学のイカルスはダイナマイザーを参考に開発?

体格差も重量差も倍だったいつも可愛いチエさん、カラオケで日本語の歌も披露上手だったホテルは大変広くオンドル暖房でとても良かった

んにゃ?ガードロボみたい、空港で゙ハケーン大量の小銭は最後の免税店で使い切るのが基本であるいつもお世話になる韓国ROBO-ONE委員長 張さんと おでんを食べたのをアップし忘れ  

Posted by dynamizer at 05:46Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | Dynamizer_Photo

2006年11月14日

第3回ROBO-ONEソウル産業大学大会写真その2

ソウル産業大学体育館前で記念写真ダイナマイニャーも参加、韓国美女に受けが良かった。ダイニャマイニャンの散歩をさせるダイナマイザー全さんのヘイル2006とレトロ

パフォーマンス部門、音声と軽快なジョギング歩行などを披露。ダイナマイザーのパフォーマンス部門は1位でした。ガゼットと共に記念写真ライバルテッコンVとも久々に記念写真新型でした

マイロとも記念写真、動きがとても良くなっていました。ウインブルドンとの戦い、延長戦まで縺れ辛い勝利とにかく、相手が重い、思わず苦笑いペントも善戦するが・・

レトロとテッコンVとの戦い、なぜか全さんがセコンドにつく大会最軽量のレトロは最も不利だった逃げるレトロGPで発揮したペントのセンサー攻撃も全く刃がたたない。  
Posted by dynamizer at 19:03Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | Dynamizer_Photo

2006年11月13日

第3回ROBO-ONEソウル産業大学大会写真その1

サービスロボットの老舗http://robo3.com/main/index.htmlに訪問-1ROBO3.COMのロボットは興味深かった。ROBO3.COMの搭乗形ロボットに試乗ROBO3.COMの実験機

ROBO3.COMが開発したロボットたちROBO3.COMの社長さん、ROBO-ONEの張さんと会食張さんとデュエット 曲は「プサン港に帰れ」マナブのカラオケを始めて聞いたこれから毎日更新していきたいですが、まだ本業残ってますので
今晩は、これくらいにします。  
Posted by dynamizer at 11:37Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | Dynamizer_Photo

第三回国韓国ソウル産業大学ROBO-ONE結果報告

第三回ソウル産業大学ROBO-ONEに
招待選手として参加してきました。

ソウル産業大学は、学長から大統領や閣僚が
選ばれるなど、韓国国立大学でも名門です。

ダイナマイザーは伝助の松井さんのDO3で
冒頭に、お辞儀の挨拶しながら
アニョンハセオを発声させて頂きました。
アンプ無しだとやはり、アジアの国では
マイクでも拾いにくい事が確認されました。
何度か挨拶しながらマイクの位置を変えて、
ようやくMCが気がついてくれました。
韓国や、中国、台湾は、雑音が少し多いです。

今回、ダイナマイザーのパフォーマンス部門の
演技はまるで、山形の鬱憤を晴らすがごとく、
巧美痩身(?多分違う)のジョギング歩行が完成し、
狭いリングを縦横無尽に掛けまわりました。
結果パフォーマンス部門では、予選1位を頂きました。
ソウル科学技術大学の教授陣からも
ダイナマイザーの新しい歩行に対し高い評価を頂きました。

ガゼットでROBO-ONEで韓国で有名になった、
ソウル科学技術大学の学生グループ
彼らは、私たちが渡航する旅に、
ダイナマイザーの分析を研究室で
行い、予算申請をしたらしいです。
名前は、イカロスだったっけ?
RX64機でとともコンパクトな機体で、
ダイナマイザーに非常に似ている運動性能でした。
短期間で吸収する姿勢は驚愕です。
今回、相棒の巧美はソウルに行きませんでした。
私自身の公式戦の操縦は恐らく3年ぶり。
大変下手なのですが、ロボットの動きはとても良く、
予選では楽させてもらいました。

昼休み、ロクスリー製作のROBO-ONE-GP2006の
放映を行いましたが、マイロをはじめ韓国ロボットも
登場するので、皆とても喜んでいました。
このムービーはROBO-ONE GPの公式HPで見ることが出来ます、最近隼人君とタクミのレポートも追加されましたので、
ぜひご覧下さい。


一方戦闘競技はもう大変でした、
ダイナマイザーが戦った全てのロボットが
ダイナマイザーよりも2kg以上重い4.5kg以上級のロボットでした。
結果、第1リーグで、1勝2敗でトーナメント敗退しました。
最軽量だったレトロも1勝2敗でした。ペントも敗退し
遠征部隊は全滅してしまいました。

重いロボットは試合を見ていて
ロボットが絡むととても怖いです。
韓国のロボットはホームポジションが、腕を手前に引いた
ポーズが多いので、絡む事が大変多いです。
ダイナマイザーにも傷がいっぱいつきました。
レフェリーも含め、素手なので、
事故が起こらなければと憂慮します。

韓国の選手は皆顔馴染みなので、夜は楽しかったです。
ヘイル2006の作者、全さんからAdoのぐっちーさん宛てに
めでたい知らせの手紙を託されました。
厚木ですーさんに渡します。
写真を沢山撮りましたが、
まずは、パフォーマンス部門のリザルト写真です。
第3回ROBO-ONEソウル国立産業大学はパフォーマンス部門1位でした。<第3回韓国ROBO-ONE_2006_in_ソウル産業大学のダイジェスト動画(movie)です。

  
Posted by dynamizer at 10:07Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | Dynamizer_Photo

2006年11月09日

明日ソウルに出かけてきます。

土曜日から開かれる、
第3回 ROBO-ONE ソウル産業大学 大会
招待選手として参加します。
今回はタクミは試験がらみで渡航出来ませんので、
プログラムの仕上げまで担当で、
私がパイロットです!!。
KHR-1 2nd アニバーサリーで
Naoさんチームにボコボコにされた
悪夢がよみがえります。
韓国の皆さん、お手柔らかに!!  
Posted by dynamizer at 13:54Comments(4)TrackBack(0)ROBO-ONE | ROBO-ONE

@マークプロジェクトサロンを聴講させて頂きました。

井上さんとはいしかわ夢未来博から中二日の再開、
先川原さんとは、山形長井以来でしょうか、
私も使用している、リアルファクトリーのクラフトミルの
社長、相馬さんも講演ということで、当日数時間前に
申し込み、アキバに出かけました。
時間が遅いのが参加し易くて良いです。

■今回のテーマ
ロボットと3D著作権〜ロボットパーツデザインコンテスト
ロボットパーツのデザインという新しい分野での3Dデータデザインとその著作権につい
て、ガンダム等のライセンスビジネスの一線でご活躍中の螢汽鵐薀ぅ佐覯莠室篠弘羮
氏をお招きしてご講演頂きます。またパネルディスカッションでは、2足歩行ロボット格闘
競技「ROBO-ONE」の委員会 副代表であり、千葉工業大学未来ロボット技術研究セ
ンター室長でもある先川原氏をお招きし、ロボットウォッチャーとしての視点から語って
頂きます。

ROBO-ONE宇宙大会のプロモーションVや、ROBO-ONEやGPでお世話になっています、
サンライズ井上さんの講演は凄かった。ぬあんと!パワーポイントは1頁です。
おまけにレジュームしてしまい、講演画面は関係ないといい、
淡々と様々な著作権問題を語られました。
私の今までの発表や聴講の経験からも、これはなかったかも。
様々な場面で、経験豊富な方の講演は
道具が要らないという事が良くわかりました。
研ぎ澄まされ方がかっこよすぎです。
凛としているというか、マジに惚れました>井上さん。

私もロボット創作をしていますが、ロボットの著作に関しては
例え法的には工業製品の範疇に入るかもしれませんが、
思うところがあります。
千葉工業大学の先川原先生、サンライズの井上さん、リアルファクトリーの
相馬さんのパネルディスカッションはその問題点をFT分析のように
捕らえながら、捕らえられないような、なんとも愉快な内容でした。

ビジネスプロデューサー 内田様、@マークプロジェクトサロンの
皆様ありがとうございました。


大生にも席があり、お通しや料理まで出てきて、焦った。エッジたってる方々と大生、なんとか仕事につながればいいのだが  
Posted by dynamizer at 00:34Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月06日

ROBO-ONE GP in いしかわ夢未来博 2

2006年11月4、5日
石川県金沢市でROBO-ONE GP in いしかわ夢未来博が
行われました。
ダイナマイザーは初日エキシビジョン、
本戦とも凶暴ペンギン「ペント」に敗れました。
ペントに敗れた原因は、捨て身攻撃2回を繰り出し
2対2のダウンカウントで延長戦に突入し、
出してはならない捨て身技を2度出してしまい、
イエロー二回でROBO-ONE界初めてのレッドカードを
食らい、ダウンになってしまったからです。
2度目は誤操作と言っていますが、
レフェリーの小林さん、初レッドを
切る表情がこころなしかうれしそうでした。
まあ何事も最初にするのが肝心です。
皆さんも悪い見本として、ぜひ気をつけて下さいネ。

そのような経緯で、三位決定戦でレトロとの親子(兄弟)対決になり、
トーナメント的には面白くなったと思います。
ダイナマイザーは辛くも三位に食い込みましたが、
新規GP参戦組のレトロ、ペント、キングカイザー、
そして、流山のプティが頑張ってますね。
アリウスは歩行が凄くなり、かなり強くなったと
風の便りで聞きましたが、古株もがんばらねばならないのですが、
私たちファミリーは今年タクミが受験・・今週のソウルは
ファミリーは私だけで行きます。ブラザースも息子なんですけど、
ちょっと寂しいです。
さて、
繰り広げられた試合は、さすがGPという感じで、
どれも見ごたえのある素晴らしいものでした。
特にROBO-ONE界の重臣、吉村さん操る「R-Blue」対
森永さんの「メタリックファイター」戦、第一試合だったのですが、
本GP全体をしょっぱらから引き締めた良い試合でした。
レトロ対オムニゼロはとても迫力がありました。
オムニが投げでなんとレトロを場外に!!
その後レトロも投げでダウンを奪う展開で息を飲む試合。
動画を見たいです。
北陸金沢の地、いしかわ、夢未来博でROBO-ONE GPが行われた。エキシビジョンで紙ヨッシーの「R Blue」を蹴りで破った飛騨神岡高校3年チーム。ニュートリノXと戦いました。長井の試合を見て、戦いたかった相手です。卒業も近くなってきたたね、握手でお別れ三月も出てきて欲しい。凶暴ペンギンペントのセンサー攻撃、こやつは、もはや兵器の領域であるタクミはなめてかかったが、恐ろしくツオイ、凶悪化していた

センサー攻撃を回転浴びせ蹴りでかわす、この逃げ方が翌日のレッドに繋がることになるとは最強の破壊王ペンギン「ペント」に敗れ去るダイナマイザー、もっとも負けたくないカテゴリのロボ(うそうそ)エキシビジョンマッチ終了、石川県の皆さんと記念撮影タァイム


初日の2次会はいつものこいーメンツとネタ仕込み中のブラザーズ、何故ワンタンを運搬するのか最後までツッチーに突っ込まれていたいよいよGP世界最強決定戦が始まる新しいRPBO-ONE GPのムービーも披露された、「締め切り改」も最後の締め部分に出演最高しびれる内容だった。笑顔が素敵だ。ツッチーの機転で操縦までさせてもらった子供たちはちょっと緊張気味かな。
ハンドベル演奏に続き操縦体験デモをするブラザーズはネタ豊富ワンパターンな腕立て伏せ、ダイナマイザーはネタ不足だが、躍動的な新しい、ウオーキング(歩要)を披露、こいつは結構いいぞダイナマイニャーがAIBOリーグのデモを行った金沢工業大学夢工房に乱入金沢工業大学の教育カリキュラムや研究は仕事も丁寧でとても素晴らしかった。

投げ技を共に繰り出しダウンを取ったレトロとオムニ、鳥肌が立った試合だったナナコちゃん操るグレートマジンガァ、足踏みが安定していた、GP選手もスタッフもひとなつっこいナナコのとりこに・・凶暴ペンギンに回転蹴り決めるも、延長戦で禁じ手になってしまった捨て身技、回転浴びせ蹴りをタクミが二回出してしまい、2枚のイエロー=レッドカードを食らう(ルール分かってたのか?疑問が残る結果に)3位決定戦で親子(兄弟?)での死闘でレトロを撃破し、3位をGET、レトロも強くなった、ポイントは近いので、今年のGPは親子でポイントを分散してしまう恐れあり

記念撮影、上位4台全て松井さんの伝助音声ユニット3を搭載きゃーやめてーセキュリティの再検査でバックから出されるダイナマイザー。レントゲン検査から出てきたダイナマイザー、ロボットのレントゲンは何度も見たけど、中身が見えてすごいぞROBO-ONE_GPishikawa-ken(movie)です。

  
Posted by dynamizer at 13:09Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | Dynamizer_Photo

2006年11月03日

明日は親子対決

思ったよりも早く羽田についたので、
羽田の屋上展望台でスギウラファミリー男組み4人で食事をしました。
展望レストランなので、プレミアム価格かと
長男で長男体質のユウタが心配していました(いつもはかなり浪費家・・)が、
見学ファミリー向けなのかとても安いレストランでした。
私はデパオクののりを期待していたので、
期待通り。メニューにはやきそば。そして
最屋上には子供向け遊園地とかもありました(過去に来ているのに忘れてる)。
羽田は、うちの子供たちとも何回も見学で、
そして私自身も父に連れられて
来て1970年の万博の時初めて大阪まで
ボーイングの727に乗りました。
離着陸している飛行機と息子達を見ていて、
なんか少しすがすがしい気持ちになりました。
男の子は飛行機が好きですね。

私は仕事で海外も含め飛行機出張もそこそこあるのですが、
最近はROBO-ONEでますます飛行機に乗るようになりました。

三沢は初めての空港です。
今はタクミさえもマイレージを持っています
忙しい時代になったもんですね。

今回は、免税店の買い物とパスポートは不要
羽田を離陸して40分で金沢に到着です。

小松は航空自衛隊の基地が、見えます。
レーダーや格納庫なども見えましたが国防の観点から、
写真は撮れません。壕のようなものもちらほら、
北陸の守りが万全であることを期待します。
羽田の庶民向けレストランハケーン1羽田の庶民向けレストランハケーン2、これは穴場だ皆さんとも久しぶりに愉快な会話が弾む。特にこの男と右横の男、そして写っていないが撮影者の左横、そのおとなりの可憐な女性。あとは席にいないので寂しい懐かしい方々は、席にいるみんなで物まね大会で大笑い  
Posted by dynamizer at 19:50Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | Dynamizer_Photo

2006年11月02日

高橋敏也のロボットTV

毎度おなじみ、高橋敏也のロボットTVの紹介です。
記念すべき第10回大会、
私たちのダイナマイザーと高橋さんの締め切り改は、
仲良く予選落ちしてしまいました。
傷をなめあうような夜の飲み会でしたが、
皆さんのご配慮でROBO-ONE GPの紹介ステージで
締め切りと対戦させて頂きました。

ROBO-ONEバトルボールでも
ダイナマイザーはゴールを決めました。

その様子が
高橋敏也のロボットTVで紹介されています!!
私はかなり面白かったです、是非ご覧下さい。
  
Posted by dynamizer at 20:08Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | ROBO-ONE

2006年11月01日

今月の予定です

長井市での、予選落ちの落胆もようやくいえて、
前向きに考えを変えつつある秋です。ヒロシです。トミイです。
まずはじめに、ROBO-GP石川から始まります。
ROBO-ONE石川大会は「いしかわ夢未来博」で行われます。

石川県の皆様、是非ROBO-ONE GPロボットのパフォーマンスや
激しいバトルを堪能ください。ROBO-ONEは生で見るのが最高です!!

その後、5日をおかず、まだ詳細未定の海外、
そして厚木、後楽園スタジアムと
今月のスケジュールが
ほとんど埋まってしまいました。
TVも入りそうな予感です。

そんなこのごろですが、
本日、オーム社様のある本の最終原稿も送り終え、
久々に闘志が沸いてきました。

タクミが受験真っ最中なのが惜しまれますが、
スケジュールぎりぎりで頑張って参加するので、
是非遠征で見かけたら声をおかけください。

11回のレギュレーションの発表を見ました。
アクロバティックな
捨て身攻撃の多いダイナマイザーは大変
厳しいルールになっていると思いますが、
このルールをなるべく踏襲しつつ、
GPは戦うことになると思います。

GPは本戦のレギュレーション策定の
実験台でもあるのです。


  
Posted by dynamizer at 20:33Comments(0)TrackBack(0)ROBO-ONE | ROBO-ONE